訪日留学生の奨学金制度の内容は? 文部科学省が設けている奨学金制度の実情

編集部:いとり

お気に入り!

あとで読む

近年(きんねん)、日本の奨学金制度(しょうがくきんせいど)について、議論(ぎろん)がさかんになっているというニュースを知っている人もいるのではないでしょうか。

日本に留学(りゅうがく)している、または留学(りゅうがく)する予定(よてい)の外国人学生のみなさんに日本についてしってもらうことは「おたがいの国(くに)を理解(りかい)する」ために、たいせつなことです。

では、日本政府(せいふ)は、どのような制度(せいど)をもうけているでしょうか?

今回は、日本の国の教育機関(きょういくきかん)である文部科学省(もんぶかがくしょう)がもうけている「日本に留学(りゅうがく)する学生(がくせい)にたいする奨学金制度(しょうがくきんせいど)」についてご紹介(しょうかい)します。

外国人留学生(がいこくじんりゅうがくせい)を支援(しえん)する奨学金制度(しょうがくきんせいど)

日本の文部科学省(もんぶかがくしょう)は、日本に留学(りゅうがく)する外国人留学生(がいこくじんりゅうがくせい)を支援(しえん)する奨学金制度として、7つのプログラム(ぷろぐらむ)を実施(じっし)しています。


1.研究留学生(けんきゅうりゅうがくせい)
2.教員研修留学生(きょういくけんしゅうりゅうがくせい)
3.学部留学生(がくぶりゅうがくせい)
4.高等専門学校留学生(こうとうせんもんがっこうりゅうがくせい)
5.専修学校留学生(せんしゅうがっこうりゅうがくせい)
6.日本語・日本文化研修留学生(にほんご・にほんぶんかけんしゅうりゅうがくせい)
7.ヤング・リーダーズ・プログラム留学生(やんぐ・りーだーず・ぷろぐらむりゅうがくせい)

『独立行政法人 日本学生支援機構(どくりつぎょうせいほうじん にほんがくせいしえんきこう)』(JASSO)が、実績(じっせき)について「日本留学奨学金(にほんりゅうがくしょうがくきん)パンフレット2021-2022」というパンフレット(ぱんふれっと)にまとめています。

どの学校(がっこう)に留学するか、また研究対象(けんきゅうたいしょう)となるものはなにかが、そのまま名前(なまえ)になっているので、わかりやすいですね。

「マイナビ学生の窓口」では、一部(いちぶ)の奨学金制度(しょうがくきんせいど)の対象人物(たいしょうじんぶつ)について取り上げてみました。

研究留学生(けんきゅうりゅうがくせい)の場合(ばあい)

1の「研究留学生(けんきゅうりゅうがくせい)」だと、

「大学(だいがく)において専攻(せんこう)した分野(ぶんや)を日本で研究(けんきゅう)したいという希望(きぼう)をもち、大学(だいがく)をすでに卒業(そつぎょう)した、あるいは卒業見込み(そつぎょうみこみ)の人(ひと)」

が対象(たいしょう)です。

教員研修留学生(きょういくけんしゅうりゅうがくせい)の場合(ばあい)

2の「教員研修留学生(きょういくけんしゅうりゅうがくせい)」は、日本で教員研修(きょういんけんしゅう)をしたいという人(ひと)が対象(たいしょう)です。

ですので、奨学金(しょうがくきん)をもらえる条件(じょうけん)のひとつに、

「大学(だいがく)または教員養成学校(きょういんようせいがっこう)を卒業(そつぎょう)した者(もの)で、初等(しょとう)・中等教育機関(ちゅうとうきょういくきかん)の現職教員(げんしょくきょういん)、自国(じこく)の教員養成機関(きょういんようせいきかん)の教員(きょういん)および教育行政機関(きょういくぎょうせいきかん)の教育専門職員(きょういくせんもんしょくいん)(ただし、在職期間(ざいしょくきかん)を5年(ごねん)以上(いじょう)とする)」

とあります。

学部留学生(がくぶりゅうがくせい)の場合(ばあい)

読者(どくしゃ)のみなさんと同世代(どうせだい)の若者(わかもの)が対象(たいしょう)となるのは、3の「学部留学生(がくぶりゅうがくせい)」ではないでしょうか。

「学部留学生(がくぶりゅうがくせい)」として奨学金(しょうがくきん)をもらう場合(ばあい)、

「学校教育(がっこうきょういく)における 12年(じゅうにねん)の課程(かてい)を修了(しゅうりょう)した者(もの)、または高等学校(こうとうがっこう)に対応(たいおう)する学校(がっこう)の課程(かてい)を修了(しゅうりょう)した者(もの)、または見込み(みこみ)の者(もの)」

が条件(じょうけん)のひとつとして書(か)かれています。

つまり、高校(こうこう)を卒業(そつぎょう)した外国人留学生(がいこくじんりゅうがくせい)のみなさんが、日本の大学(だいがく)に留学(りゅうがく)するのを支援(しえん)するというわけです。

ヤング・リーダーズ・プログラム留学生(やんぐ・りーだーず・ぷろぐらむりゅうがくせい)について

7つの項目(こうもく)の中(なか)で、もっともわかりにくいのは、7の「ヤング・リーダーズ・プログラム留学生(やんぐ・りーだーず・ぷろぐらむりゅうがくせい)」という制度(せいど)でしょう。

これは

・行政(ぎょうせい)

・ビジネス(びじねす)

・法律(ほうりつ)

・地方行政(ちほうぎょうせい)

・医療行政(いりょうぎょうせい)

の分野(ぶんや)において、日本でまなびたいという外国人(がいこくじん)を支援(しえん)するプログラム(ぷろぐらむ)です。

YLP留学(わい・える・ぴーりゅうがく)とも呼ばれています。

「大学卒業者(だいがくそつぎょうしゃ)」「実務経験(じつむけいけん)のある者(もの)」「アジア諸国(しょこく)等(など)の若手(わかて)の行政官(ぎょうせいかん)等(など)」を対象(たいしょう)としています。

また、6の「日本語・日本文化研修留学生(にほんご・にほんぶんかけんしゅうりゅうがくせい)」と同じく、日本語(にほんご)の教育支援(きょういくしえん)はありません。

1 3

関連記事

「将来を考える」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催