経験者に聞いた! 親に「大学を休学したい」と伝える際に注意するべきこと5選

学生の窓口編集部
2016/06/14
入学準備・新生活
あとで読む

大学生の本分は勉強。でも、訳あって長期で休まなければいけない、もしくは休みたいというときも、人によってはあるはずです。その際、休学届けを大学に提出するわけですが、その前に必要なのが親への連絡。特に学費を負担してもらっている場合はなおさらでしょう。そのときに注意すべきことはどんなことなのでしょうか? 今回は、休学経験のある大学生に聞いてみました!

●理由を伝える

・休学する理由をきちんと説明すること(女性/22歳/大学3年生)
・理由をしっかりと伝える(女性/23歳/大学4年生)
・理由を説明する。親に心配をかけないのが大前提(女性/25歳/大学4年生)
・親には学費や生活費などで迷惑をかけているから、しっかり理由を話す(男性/21歳/大学3年生)

●本音で話す

・親がお金出してくれるから、きちんと伝えることは当たり前(女性/20歳/大学1年生)
・嘘じゃなく本音で伝える(男性/21歳/大学3年生)
・親と休学中どうするかについて話し合いを重ねた(女性/19歳/大学1年生)
・休学か退学か自分の希望をできるだけ伝えること(女性/21歳/大学4年生)

●計画性を伝える

・計画的に今後の予定を伝える(女性/19歳/大学2年生)
・何を目的にするか明確に示し、休学中の自分の生活面での約束をした(女性/20歳/大学1年生)
・どうして休学をし、その間どう過ごすかをきちんと知ってもらう(女性/19歳/大学1年生)
・計画を決める。学費を払ってもらってるから(男性/18歳/大学1年生)

●学費の話

・学費は稼ぐと約束した(男性/25歳/大学4年生)
・休学中は授業料がかからないことを伝える(男性/21歳/大学3年生)
・学費と将来設計(男性/19歳/大学2年生)
・学費のこともあるので、しっかりと頭を下げる(女性/19歳/大学2年生)

次のページこんなパターンもある!

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催