レッドブル物々交換の旅!? ​『Red Bull Can You Make It?』に出場した山形大チーム『Happies』に話を聞いてみた!

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

2016年4月12日から19日にかけて、『Red Bull Can You Make It?』というイベントが開催されました。これはレッドブル・エナジードリンクを通貨として、ヨーロッパを冒険するアドベンチャーイベント。世界50カ国以上から集まった大学生165チームが参加し、日本からは3チームが出場しました。今回は、その中の1チームである山形大学のチーム『Happies』にこのイベントで学んだことなどのお話を伺いました。(PHOTO:Armin Walcher / Red Bull Content Pool)


■予想をはるかに超える最高の旅を味わう

今回お話を伺ったのは、『Happies』のメンバーである山形大学の工学部物質化学工学科4年・會田祥貴さんです。

――冒険の旅、お疲れさまでした。まず、イベントを終えての率直な感想をお願いします。
會田さん 現実に戻ると、あらためて壮絶な冒険だったとしみじみ思います。ハードな面もありましたが、とても楽しい毎日でした。素敵な企画を提供してくれたRed Bull社、サポートしてくださったRed Bull Japanのスタッフ、応援してくれた大学の職員や友達、そして最高の8日間を共に過ごした2人に感謝の気持ちでいっぱいです。

――実際に旅をしてみてどうでしたか?
會田さん 出発前にどのルートで行くのか、移動手段はどうするかなどは考えていました。もちろんどんなものと交換したいかや、どこを重点的に観光するかなども3人で相談してはいたものの、その状況に置かれてみないと分からないし、想像することがとても難しかったのが現実です。

――やはり出発前に思い描いていたようにはいかないものでしたか?
會田さん 唯一想定できたのは、外で寝る覚悟と、食事は満足にできなそう、ということです。実際に旅をしてみて、予想していたルートでうまく進めたところもあれば、その時々で臨機応変に移動手段を替えて先に進むということもありました。なかなか観光をゆっくりするだけのゆとりはありませんでしたが、毎日すてきな風景を見ることができたし、優しい人々に出会えたことが自分の中では予想外にうれしかったことです。

――そうした予想外のことに出会えるのもこの旅の魅力でしょう。
會田さん また、Red Bullの運営側が用意している「Adventure Challenge」や「Check Point Challenge」に挑戦することで、普通の旅では味わえない体験ができたことも楽しかったです。こうして無事に帰ってきているからこそ言えることですが、つらい思い出もひっくるめて、毎日の一瞬一瞬が予想をはるかに超えて最高だったといえます。

1 3

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催