日本でコンサートだけで食べていけるピアニストは10人未満

Jeana
2016/03/29
貯金・節約
あとで読む

27日に放送の「関ジャム 完全燃SHOW」(テレビ朝日系)には、日本を代表するピアニストの横山幸雄、清塚信也、小林愛実がゲスト出演し、ピアニスト界の世界を暴露した。

3人は世界で活躍をしている、日本を代表するピアニスト。
やはり気になるのが、そのギャラ。
横山は、「海外で活躍しているような人は1ステージ1,000万円」と、驚きの金額を暴露。
20世紀を代表ピアニストのウラディール・ホロヴィック氏は1ステージ1億円だったとか。
相場はだいたい決まっているが、1,000万円も稼げる人はほんの一握りだとか。

コンサートには2種類ある。
「会館自主公演」と「自主公演」で、「会館自主公演」はホールが自主的に行い、ピアニストにオファーするもので、観客の人数になく固定のギャラ。「自主公演」は、観客の人数によってギャラが変わる。

有名になればなるほど、自主公演をみんなやりだがるそうだ。
しかし、コンサートだけで食べていけるピアニストは、「10人もいない」と清塚。
ピアニストには資格がないので、自称制度。
コンクールで入賞すると、ファンがついて演奏会に呼ばれる機会も増える。
チャイコフスキー国際コンクールの総合グランプリの償金は約1,200万円。ショパン国際ピアノコンクールは約400万円。エリザベート王妃国際音楽コンクールは約340万円。とまちまち。
賞金が目的ではなく、入賞するとそれが肩書きになり、今後の人生につながっていく。

トッププロにレッスンを受けると、1レッスン1時間で2~3万円ぐらい。
1回きりということはないので、続けて受けるためには結構お金がいる。

華麗な演奏を行うが、舞台ではまったく間違わないで弾くことはまれ。
いかに、バレないようにミスを隠すことができるかが、プロの技なのだとか。

子どものときには、1日14時間も練習した清塚。小学校6年生のときにはピアノしかない状態だったので、すでに「これで食っていけなかったら終わりだな」と子どもながらに腹をくくっていたという。

また、ピアニストは女性の世界。「100人いて10人(男性が)いたら多い方。モテました」と言うが、BARなどで女性の前でサラッとひくドラマのような演出は、日本では慣れていないためにドン引きされてしまい、何度も失敗したと明かした。

めったに明かされないピアニストの世界に、スタジオ内は大盛り上がりだった。

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「学割・プレゼント」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催