一目置かれる学生に! 大学生のうちに身につけておきたい「アウトプット」の基礎5つ

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

「アウトプット」という言葉、大学生になってから聞いたという人もいるのではないでしょうか? アウトプットは 「吸収した経験や学習をもとにしてできた成果や実績」のことを指しますが、実は、アウトプットをきちんと行っていくことが、他の大学生と一歩差がつく力になるのです。そこで今回は大学生が行うべき5つのアウトプットについて説明していきます。

■1.文章


頭で考えたことを文字にする。アイデアはあっても、文章にできなければ、社会に出たときに、そのアイデアを自分で企画書にし、自分のアイデアとして提出することはできません。戦略的な文章から人間味のある文章まで、文章のアウトプットをひたすら大学で行うようにしましょう。

■2.発言

頭で考えたことをきちんと発言する。もし、これがきちんとできれば、アイデアを文章にし、企画をプレゼンし、より結果を手繰り寄せることができます。対面で多くの発言をしていきましょう。いろんな環境で発言することで、内弁慶・外弁慶もなくなっていきます。

■3.感情

近年はSNSや匿名掲示板などで、内なる感情の矛先が「陰」なものになっています。感情をリアルな場面でもっとアウトプットしていきましょう。すると、生きることが楽になります。自分を大好きにあり、相手のことも好きになれます。より余裕のある人間へ成長できるっでしょう。

1

関連記事

「入学・新生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催