【最新版】おすすめディズニー映画30選! ディズニーアニメの名作は? 5ページ目

編集部:はまみ
2017/10/04
学生トレンド
あとで読む
目次
  1. おすすめディズニー映画1.「ノートルダムの鐘」
  2. ディズニーファンは必見! あのキャラが見れるおすすめディズニー映画
  3. あの名作も!
  4. この作品も見逃せない! ファンにおすすめのディズニー映画
  5. まだまだある! おすすめディズニー映画は?
  6. おすすめディズニー映画、ラストは……

■おすすめディズニー映画21.「Mr.インクレディブル」

監督:ブラッド・バード
メインキャスト:クレイグ・T・ネルソン、ホリー・ハンター、ジェイソン・リー他
製作国:アメリカ合衆国
公開日: アメリカ2004年11月5日、日本2004年12月4日
上映時間:115分
興行収入:$261,437,578

<あらすじ>

主人公は、元スーパーマンという珍しい経歴を持つ男性、ボブ・パー。15年ほど前までは、スーパーヒーローMr. インクレディブルとして人々の平和を守っていました。しかし、ある出来事がきっかけとなり、ヒーローたちへの風当たりが厳しくなってしまったことから、引退を余儀なくされたのです。ボブとその家族は、特別な能力を隠して生活をしています。

現在は、保険会社に勤めているボブ。しかしお世辞にも、「人間社会に溶け込んでいる」とは言えません。ほとんどの物理的な衝撃に耐える頑強な肉体と驚くべき怪力の持ち主でありながら、日々顧客からのクレームに耐える日々……。ある日、ボブはそんな状況に耐えられなくなってしまいます。失意のどん底にいるボブの元にやってくるのは「Mr.インクレディブル、あなたのスーパーヒーローとしての力が必要です」という希望にあふれたメッセージ。ボブはもう一度、Mr.インクレディブルとして活躍しようと心に決めるのですが……。

ボブの力はもちろん、個性的な家族の活躍にも、ぜひ注目してみてください。バイオレット、ダッシュ、そしてジャック=ジャックの三兄弟! そして妻ヘレンの活躍に、度肝を抜かれてしまうかも!?

■おすすめディズニー映画22.「モンスターズ・ユニバーシティ」

監督:ダン・スキャンロン
メインキャスト:ジョン・グッドマン、ビリー・クリスタル他
製作国:アメリカ合衆国
公開日:アメリカ2013年6月21日、日本2013年7月6日
上映時間:110分
興行収入:$743,600,000

<あらすじ>

大人気ディズニーアニメ「モンスターズ・インク」の続編であり、サリーとマイクの学生時代を描いた作品です。今作の主人公は、どこかコミカルな雰囲気を持つマイク・ワゾウスキ! 「怖がらせ屋」になることを夢見ているマイクにとって、自分の可愛らしい外見はハンデ以外の何物でもありません。しかし、決して前向きさを失わないマイクは、自身の努力で、名門モンスターズ・ユニバーシティ怖がらせ学部に合格するのです。

そこで出会ったのが、名門サリバン家出身のサリーです。誰が見ても恐れてしまう外見という、類まれなる才能にあふれたサリー。彼にとってマイクの努力は、無駄そのもの。ことあるごとにマイクを馬鹿にするのです。ある日サリーとマイクは、小競り合いをきっかけに、学部を追放されることに……。さぁ二人は、汚名を返上できるのでしょうか。

モンスターズ・インクで絶妙のコンビネーションを見せるサリーとマイクですが、最初から仲がよかったわけではありません。モンスターズ・インクに続いていく物語の世界。美しい映像技術にも、ぜひ注目してみてください。

■おすすめディズニー映画23.「ベイマックス」

監督:ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ
メインキャスト:スコット・アドシット、ライアン・ポッター、ダニエル・ヘニー他
製作国:アメリカ合衆国
公開日:アメリカ2014年11月7日、日本2014年12月20日
上映時間:102分
興行収入:$651,913,475

<あらすじ>

未来の世界で暮らす少年、ヒロ・ハマダは、天才的な科学の才能をもっています。しかし、幼いころに両親を失ったヒロは、自堕落な生活をするばかり……。警察の厄介になることもあるなど、母親代わりで叔母のキャスや、ヒロのことを心から愛している兄タダシに心配ばかりかけています。

そんなヒロのことを見ていられないタダシは、ある日、自分自身が通っている工科大学へとヒロを連れていきます。そこで出会ったのは、兄が開発したロボット「ベイマックス」。まるで白い風船のようなボディを持つロボットは、戦闘能力を持たない、人の心を癒すための発明品でした。科学の世界に刺激を受けたヒロは、飛び級で兄が通う大学へ進学することを決意します。しかし、ヒロの目標が叶ったまさにその瞬間、タダシは帰らぬ人となり……?

最愛の人を失い、絶望にうちひしがれるヒロ。そんなヒロを、タダシの発明品であるベイマックスが癒そうとします。優しさで世界は救えるのか。大人になった今だからこそ知りたい答えを、きっとベイマックスが教えてくれることでしょう。

■おすすめディズニー映画24.「モンスターズ・インク」

監督:ピート・ドクター
共同監督:デヴィッド・シルヴァーマン、リー・アンクリッチ
メインキャスト:ジョン・グッドマン、ビリー・クリスタル、メアリー・ギブス他
製作国:アメリカ合衆国
公開日:アメリカ2001年11月2日、日本2002年3月2日
上映時間:94分
興行収入:$525,366,597

<あらすじ>

子どもたちの悲鳴をエネルギーとして、生活を成り立たせているモンスターの世界。この世界には、「ドアの向こうの子どもたちを最高に怖がらせて、そのエネルギーを回収すること」を業務とする、モンスターズ・インクという会社が存在しています。モンスターたちの生活に直結する会社で、最高の得点を獲得しているモンスターこそが、青いけむくじゃらのボディを持つ、ジェームズ・P・サリバン、通称サリーなのです。

サリーは相棒であるマイクと共に、日々子どもたちを怖がらせています。しかしそんなある日、モンスターズ・インク内に、一人の子どもが紛れ込んでしまうのです。普段は子どもを怖がらせているモンスターたちですが、実は子どもは大の苦手! 会社中を巻き込んだ大騒動へと発展する中、サリーは「ある決意」を固めます。人間の子どもであるブーと、最恐のモンスターであるサリーの心の交流に、きっとホロリとしてしまうはず! また、個性豊かなモンスターたちが繰り広げるドタバタ劇も魅力の一つですよ。

■おすすめディズニー映画25.「トイ・ストーリー3」

監督:リー・アンクリッチ
メインキャスト:トム・ハンクス、ティム・アレン、ジョーン・キューザック他
製作国:アメリカ合衆国
公開日: アメリカ2010年6月18日、日本2010年7月10日
上映時間:103分
興行収入:$1,063,165,731

<あらすじ>

数々の冒険を経て、固い絆で結ばれたアンディ少年のおもちゃたち。しかし、年月は経て、アンディはもう17歳になりました。おもちゃで遊ぶ時代をとっくに過ぎてしまったアンディ……。大学進学を控えて、自分の部屋を整理することを決めます。

小さいころからお気に入りだった「ウッディ」「バズ」「ジェシー」など……。もう遊ぶことはないけれど、どうしてもさよならができないアンディ。「ウッディ」だけを手元に残し、「バズ」を含めたほかのおもちゃは、屋根裏部屋にしまっておくことを決意します。しかし、アンディのママの手違いでゴミに出されてしまったおもちゃたち。廃棄される前に、なんとか「託児所」へと寄付されるおもちゃたちの中に紛れ込むのですが……。

子供はいつか、おもちゃを卒業する日が来る……。誰もが経験する道なのですが、おもちゃ目線で見ると、非常に切ない展開が待っています。おもちゃにとっての「幸せ」とは? そしてアンディが物語の最後に下す、「決断」とは? 涙なしでは見られない名作です。

次のページおすすめディズニー映画、ラストは……

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催