食事代は男性がおごらなくていい? デートで「お金のケンカ」をしてしまうのを防ぐコツ

編集部:はまみ
2015/11/30
恋愛
あとで読む

ロックスター9

ひと昔前までデートでは、女性に財布を出せない男性が多いものでした。しかし、イマドキは割り勘デートがスタンダードな模様。ひとりっ子が増え何かをしてもらうことに慣れている男性が増えているせいか、自ら女性をエスコートし、奢るという習慣を持たない男性も増えているようです。もしかしたら昔に比べ彼氏と彼女の収入差が減っている為に、一方的に奢ったり奢られる関係を不公平だと感じることが多いのかもしれません。
はたして、割り勘派のカップルはどのように割り勘をしているのでしょう?
●かっちり割り勘をする
割り勘というと寂しい気もしますが、「奢られると気持ち的に負担だけれど、割り勘だとさっぱりしていい」という女性の声もあるようです。高い店だと割り勘でも金額的な負担は大きく「勝手に高い店に予約して、割り勘なんてひどい!」という気持ちにもなりますが、安い居酒屋やカフェならば女性も割り勘OKとなるかもしれません。

●彼女のほうがちょっと少な目
基本は割り勘ですが、男性側がちょっと多めに払うというパターン。男性のほうが飲み食いする量が多い場合は特に合理的な方法と言えます。金額に差を付けることで男性の面目も保たれるということでしょうか。

●店ごとに払う担当が変わる
最初の食事では男性側が出し、その後のカフェや居酒屋は女性が払うパターン。また日によって彼氏または彼女が払い、一年のトータルがほぼ割り勘になるようにする方法もあります。

●共同の財布を作る
共有の財布などにお互に同金額を入れておき、食事や入園料などデート時の必要なお金をそこから出します。これならば店でいちいち割り勘の計算の必要もなく、スマートにお会計ができます。やや合理的で寂しい気もしますが、将来、同棲や結婚する時の予行練習だと思えばいいかもしれません。

ざっと割り勘といえば、以上のような方法でしょうか。ただやはり食事代からホテル代まで割り勘だと女性としては「本当は愛してないのでは?」「遊びなんじゃないの?」と不安になるもの。また、男女で収入に格差がある場合、完全な割り勘は不満に思えてくることもあります。

そんな不安・不満を抱え込まない為にも最初が肝心。相手の出方を見て、自分で納得いくスタイルかどうか見極めたほうが、先々、いい感じで交際が進むかもしれません。ましてや結婚を考えているとなると、交際中の金銭感覚はきちんとチェックしておく必要があります。
お金が後々ケンカのタネにならないように、お互いにすっきりと納得できる形にしたいものです。


文●ロックスター

関連記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催