彼女と喧嘩した日はその日のうちに仲直りしたほうが良い理由

学生の窓口編集部
2015/12/01
恋愛
あとで読む

喧嘩の原因さえもはや時間が経ちすぎてよくわからなくなっているのに、冷戦状態だけ続いて気まずくなった。ぎくしゃくしたまま彼女とジエンドとなった、苦い経験はありませんか?ボタンの掛け違い状態が長引けば、それだけ修復も難しくなります。彼女と喧嘩してもすぐに仲直りできる、簡単な方法を教えます。

■仲直りはテクニックの問題。

まずは仲直りしたいとのサインを出す 喧嘩するほど仲がいいとも言われます。もともと相手との関係がよくなければ、喧嘩もできません。喧嘩になるのは、いわばコミュニケーションのすれ違いです。すれ違ったコミュニケーションを元に戻すのは、テクニックの問題です。感情の問題はひとまず置いておきましょう。むかついた、腹が立ったという感情が鎮火するのを待つ間に、ますます関係がこじれる可能性もあります。ボヤが燻り続け、あれもこれもと相手の嫌な面ばかり目につくようになり、やがて大火になってしまったら、修復も難しくなります。怒りがおさまるのを待つ前に、仲直りしたいという意思表示を示すのが大事です。

■単純だけど効果的な、仲直りの定番テクニック

喧嘩しても、その日のうちに仲直りのサインを出すようにしましょう。早ければ早いほど、効果的です。「仲直りしよう」とことばで伝えるのに抵抗があれば、SNS を活用して。ごめんね、仲直りしたいとメッセージは簡潔に。思わず笑ってしまうようなユーモラスな画像も付けておけば、文章に凝る必要はありません。一緒に居て険悪なムードになれば、「すぐに戻る」と言い残し、シュークリームでもポテトチップスでも、彼女が喜ぶものを買いに行きましょう。相手の好物を差し出せば、仲直りのサインというルールを定番にしてしまいましょう。

■テクニックを使い、理性による話し合いモードへの移行をめざす

できるだけ速やかに仲直りの意思を伝える。時には相手の好物を手にして仲直りを申し出る目的は、感情のぶつけ合いを避けるためです。感情のぶつけ合いがエスカレートすると、言わなくてもいいことまで口走ってしまいます。感情のぶつけ合いから、理性による話し合いモードへの移行を狙いましょう。喧嘩の原因が深刻なものであれば、話題を逸らされることを彼女は嫌います。話題を逸らすためではなく、「君の話は聞くから、まずは落ち着いて話し合える状態にしよう」と、彼女の怒りをコントロールしてあげましょう。

仲直りのサインとして差し出すのは、スイーツであればより好ましくなります。後は一緒にお茶でも飲みながら、彼女の話に耳を傾けましょう。もしも自分に非があるのであれば、ひたすらゴメンナサイと繰り返して。好意を抱いている相手には、怒り続けるのもまた難しいものですから、彼女もきっと許してくれるはずです。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催