片思い時代と同じドキドキ? いつまでもアツアツ夫婦でいつづける方法5つ

学生の窓口編集部
2015/11/30
恋愛
あとで読む

愛し合って結婚した彼と、ずっと仲良しのアツアツ夫婦でいられたら理想的ですよね。でも、恋人から家族になって年月を重ねると、ときめきは薄れていきお互い空気のような存在になってしまうことも。そんな冷えた関係を避けたいあなたに、片思い時代が続いているようなアツアツ夫婦になるための方法をご紹介します。

■ よく会話する

「あうんの呼吸」という言葉がありますが、「言わなくてもわかってくれるだろう」というのは間違いで、今日のできごとやうれしかったこと、悩んでいることなどは口に出して相手に伝えましょう。夫婦は育った環境が違うので考え方が異なり、ちょっとした行き違いで誤解を生むこともあります。たくさん会話してコミュニケーションをとり、分かり合うことが夫婦円満には欠かせません。

■ ルール(約束)を決める

一つ屋根の下で生活していると、夫婦の家事分担や帰宅時間など、最低限のルールを決めることも大切です。ルールがなかったら、「いつも家事は私ばかり」「何時に帰ってくるか連絡しないのでずっと夕食を待っている」など日ごろ不満に思っていることがケンカの際に爆発してしまうことも。親しき夫婦の間にも礼儀あり、が仲良くいられるための秘訣です。

■ ありがとう・ごめんなさいを相手に伝える

夫婦関係が長くなると、相手に対する感謝の気持ちを口に出すのが照れくさいことも。でも、ありがとうやごめんなさいと言われるとうれしいものですよね。ありがとうやごめんなさいと言われると相手に大切にされていると感じて、愛情が持続するのです。

■ 2人きりで過ごす時間をつくる

結婚してこどもが生まれると、夫婦2人きりで過ごす時間はグッと少なくなります。たまには、信頼する家族や友人にこどもを預かってもらって、夫婦2人だけでデートしてみましょう。おしゃれして外でデートすると、家で一緒にいるときとは別のドキドキ感や新鮮な気持ちを保っていられます。2人きりで外出が難しい場合は、夫婦だけでお風呂に入ることがおすすめ。いつまでもアツアツでいるためには、異性としてお互いを意識してドキドキすることが大切です。

■ 適度な距離を保つ

自分の趣味の時間を持ち、相手の趣味も尊重しながら、お互いに立ち入らない領域を守りましょう。適度な距離がある、ほんの少しのミステリアスな要素が、相手に対する興味や関心をいつまでも持ち続けられることになりアツアツ夫婦でいられるのです。

結婚してもずっとラブラブな夫婦は自然となれるものではありません。夫婦お互いの努力が必要です。ご紹介した方法は、相手を大切に思い、お互い気持ち良く暮らしていくために欠かせないことばかりです。ぜひ実践して、片思い時代のように相手を愛おしく思い続ける、いつまでもアツアツな夫婦でいてくださいね。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

春からFES

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催