元ゲーセン店員に聞いた、クレーンゲームで景品をゲットする確率が劇的に上がるコツ5つ

学生の窓口編集部
2015/09/16
学生トレンド
あとで読む


ゲームセンターに行くと必ず目にするのが、クレーンやアームを操作して景品を取る「クレーンゲーム(UFOキャッチャーともいいますね)」です。魅力的な景品も多いので、ついついプレーしてしまう人も多いでしょう。ただ、なかなか上手に景品が取れない人も多いと思います。そこで今回は、ゲームセンターの元店員に聞いた、クレーンゲームのコツを紹介します。

■一発で取れる景品とそうでない景品を見極める!

●コツその1「基本は景品を少しずつズラして取る!」

景品を真上からつかんだにもかかわらず、アームの力が足りないのか全く動かせずに終わってしまったことはないでしょうか。「全然動かせない!」とついイライラしてしまう人もいるかもしれませんが、これは「景品を上からつかんで取る」のではなく、「景品をズラして取る」という設定になっているのです。

景品をズラして取るにはコツがあります。まずは「持ち上がりやすい部分」を狙うこと。いきなり重い部分を狙っても持ち上がらずに終わってしまいます。なので軽い部分に「落とし口から遠い方のアームの端」が来るように狙います。こうすることで、アームの挟む力は関係なく、クレーン自体が戻る力で景品を動かすことができます。この繰り返しで落とし口までズラすのです。このズラしのテクニックは、さまざまなクレーンゲームで応用が利くので覚えておくといいですね。

●コツその2「一発狙いはタグ、箱の隙間を狙え!」

「ズラさないで一発で狙いたい!」という場合、縫いぐるみ系の景品には商品タグやプラスチックの輪が付けられているので、ここにアームのツメを通すように狙います。もしうまく通すことができれば、一発で景品を獲得できる可能性が高まります。タグが狙いにくい場合は、先ほどのズラしテクニックを使って狙いやすい位置まで動かすのも有効です。もちろんクレーンのアームによっては通せない場合もあるので注意です。

箱景品の場合、開封口の隙間を狙う方法もあります。これはクレーンのツメをうまく隙間に差し込んで景品を取る方法。うまく奥まで差し込むことができれば、景品を簡単に取ることができます。またもし奥まで差し込めなくても大きくズラすことができるので、狙うべきです。ただ、最近は隙間部分をテープでふさぐなどの対策がされていることが多いので、参考程度に覚えておくといいでしょう。

●コツその3「クレーンゲームの機種に合ったアプローチをする!」

他には、「アームで押し込んで取る」というアプローチのものも多く見られます。例えば、景品が落とし口に出ているものや、落とし口の壁に景品が引っ掛けてある状態のもの。他にも大きな縫いぐるみを別の縫いぐるみで挟み込んであるタイプもありますね。こうしたタイプは下りてくるアームで押し込んで取るタイプです。

押し込んで取るタイプは、普通に押し込めばいいのではなく、ズラして少しでも落とし口側へ移動させたり、縫いぐるみなら引っ掛けてある部分を外すなど工夫が必要です。景品をよく見ればどこが邪魔になっているのか分かりやすいので、クレーンを操作する前にしっかり見ましょう。景品の設置タイプによっては一発で取ることも可能ですが、ここでも慎重に狙うのが得策です。

●コツその4「店員さんに位置を修正してもらおう!」

初期位置から景品をズラそうとして、マイナスの方向に動いてしまったりすることもあります。そんなときは無理に狙わずに、店員さんを呼んで初期位置に戻してもらいましょう。そこからまたスタートすれば、最初のミスを挽回する手間はいらないのです。また、意図せずにアームが届かない位置に転がってしまうこともあります。このときもすぐに店員さんを呼びましょう。さすがに落とし口付近まで進んだ景品を「初期位置まで戻す」という店員さんは少ない(いないとは断言できない)と思います。

また、店員さんに位置を戻してもらうときのポイントとして、可能ならば同じ店員さんに頼むようにするべきです。そうすることで「お金を使ってくれているお客さん」ということになり、「甘く」なる可能性があります。中にはどうしたら取れるのか、取り方のコツを教えてくれる店員さんもいるので、困ったら聞くのがベストです。

●コツその5「お店の傾向を見極めろ!」

クレーンゲームの設定は当然ながらお店によって違います。というのも、クレーンゲームのアームの力はデジタル設定ですが、ツメなどは店でアレンジしたりしているからです。そのため、同じクレーンゲームの機械でも難易度に差が出てきます。お店の難易度を見極めるのも大事な要素でしょう。大型アミューズメント店はクレーンゲームや景品の種類が豊富なだけでなく、難易度設定も甘めの店舗が多いそうです。もちろん「大味な設定」になっているなど例外もあるそうですが……。

一回で目当ての景品が取れるならば万々歳ですが、実際は景品を一発で取れるような設定にしているお店は多くないそうです。今回紹介したズラしのテクニックなどを駆使して、景品を狙ってみてください。もちろん、店員でも取れないような鬼畜な設定の場合もあるので、駄目そうなら諦めるのが得策でしょう。

Photo(C)Nlan86

(中田ボンベ@dcp)

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催