これさえ抑えれば大丈夫! 初めて一人旅で海外旅行をするときに気をつける4つのポイント

学生の窓口編集部
2015/08/08
学生旅行
あとで読む

いつか一人旅に挑戦してみたいと考えている大学生はたくさんいますが、実際に一人旅をするとなると、何から進めていいのかよく分からないという意見も多いでしょう。計画から実行まで、分からないことだらけの一人旅ですが、そんな状況でも存分に楽しむためのポイントをご紹介します。

■テーマを決めて行き先を考えよう

一人旅に向いている場所ってどこだろう? と闇雲に行き先を探しても、なかなか良い場所は思い浮かびません。そんなときは、まず旅のテーマを考えてみましょう。なぜ自分は一人旅に出たいのか、旅先ではどんなことに挑戦したいのか。自分に問いかけながら考えてみると、頭に具体的なビジョンが浮かんでくるはずです。見知らぬ地でたくさんの人に出会いたいのか、世界遺産などの歴史ある建物や遺跡に刺激を受けたいのか、それとも、ただただ自由きままに旅を楽しみたいのか。それさえ決まれば、かなり行き先が絞れてくるはずです。自分なりのテーマに合わせた行き先を選んでみましょう。

■情報はできるだけ集めておく

旅の行き先が決まったら、現地の情報をできるだけ集めておきましょう。交通経路や地図はもちろんですが、現地の気温や降水量、治安は良いか、体調が悪い時はどの病院へ行けば良いかなど、重要な情報を事前に調べておけば安心できるはず。特に海外の場合は現地の治安状況が変わりやすく、また、宗教上のルールなどが厳しい場合もあるので、下調べは念入りにしておくことをおすすめします。どんな状況でも、頼れるのは自分だけ。一人旅に出る時には、さまざまな状況を想定して情報集めをしておきましょう。

■滞在するホテルは市街地を

旅先での限られた時間を有効に使うためには、滞在するホテルを市街地に決めておきましょう。旅の日程の中で大半をしめるのが移動時間ですが、ホテルから1つ目の希望地への移動だけで多くの時間を費やしてしまい、予定していた観光地の半分しかまわれなかったという失敗談もよく聞きます。交通アクセスは、その町の中心の市街地からのびている場合がほとんどですから、市街地のホテルに滞在しておけば、乗り換えなどの余計な時間がかからない分、効率よく観光をすることができます。また、市街地の方が治安も良いですから、一人旅には安全だといえるでしょう。

■日程に縛られず自由に過ごしてみる

旅行先では予測できない事態が起こることも多々あり、予定通りにスケジュールが進まないことにイライラしたり、ストレスを感じることもあるかも知れません。でも、せっかくの一人旅。自由気ままに過ごすために旅に出たわけですから、少しくらい予定がくるっても気にせず、気持ちに余裕を持って過ごしましょう。現地の状況に合わせて臨機応変に予定を変更して、のんびり楽しむことを最優先に考えてみてください。

普段の生活ではどうしても受け身になりがちな大学生ですが、自らの意思で行き先を考え、計画・実行する一人旅では、積極性や決断力、行動力が身に付きます。また、旅先の景色や人とのふれあいに刺激を受け、人生観が豊かになったと感じる人も多いです。知り合いのいない場所に1人で行くからこそ、さまざまなことを体験でき、新しい自分を発見することにもつながるのではないでしょうか。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催