復顔の真実!? 「縄文人=目が二重・アメミミ」「弥生人=目が一重・コナミミ」は全部ウソ!?

学生の窓口編集部
2015/07/21
学生トレンド
あとで読む


日本人は自分のルーツを論じることの好きな国民だといわれます。確かに「日本人はどこから来たか?」というテーマは誰もが興味のあるものでしょう。その中で、「縄文人」「弥生人」、その違いといったことが話題になったりしますね。今回は「縄文人」「弥生人」の顔についてです。

■よくいわれる「縄文人」と「弥生人」の差違

ネットなどでも、「縄文人」「弥生人」の復顔を並べた画像を見掛けることがありますね。それぞれの特徴として以下のようなものが挙げられることが多いようです。

●縄文人の顔の特徴とされるもの

・彫りの深い顔立ち

・顎骨は小さい

・二重まぶた

・目は丸く大きい

・鼻は横に広く高い

・唇は厚い

・耳たぶは大きい

・耳垢(みみあか)は湿性(アメミミ)

●弥生人の顔の特徴とされるもの

・彫りの浅く平坦な顔立ち

・顎骨は大きい

・一重まぶた

・目は細い

・鼻は細く低い

・唇は薄い

・耳たぶは小さい

・耳垢は乾性(コナミミ)

このような差違がある、とされています。しかし、縄文時代、弥生時代の人骨からこれらのような特徴があると本当に分かるのでしょうか。また、私たちが見せられる復顔の容貌は本当に正しいのでしょうか!?

次のページ縄文人・弥生人の「復顔」は正しいのか!?

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催