「ノストラダムス」「マヤの暦」さっぱり当たらない予言者の予言まとめ

学生の窓口編集部
2015/07/27
学生トレンド
あとで読む


自らの超能力で未来を「予言」すると称する人がいます。いわゆる「予言者」という人々ですが、その予言なるものは全く当たりません。でも、なぜか予言を外した失敗例はすぐに忘れられてしまうのです。今回は、失敗ばかりの予言者についてです。

世界的にヒット(?)して大外れだった予言をピックアップしてみましょう。

●ノストラダムスの大予言

五島勉の『ノストラダムスの大予言』(1973年刊)という本が日本中の子供たちを震え上がらせた時代がありました。若いみなさんでも「1999年7の月、恐怖の大王が……」というフレーズだけは聞いたことがあるのではないでしょうか。フランスの占星術師・ノストラダムスが「1999年に人類は滅ぶ」と予言していた、とされたのですが当たりませんでした。

●マヤの暦

「マヤの暦によれば2012年の12月21日(23日説あり)に世界は滅ぶ」という予言が世界的に流行しました。これはマヤの長期暦がその日で終わっていることを基にしたデマでした。今ではバカバカしい話と一笑に付されているのはみなさんもご存じのとおりです。

特に「この世の終わり」「人類が滅ぶ」といった予言は人々を引き付け、話題になることが多いですね。この滅びの予言は世界中にあって、滅びの日とされた「年」も実にさまざま。もちろん日本にもあります。有名なのは、教科書にも出てくる「末法思想」が流行した平安時代後期から鎌倉時代にかけてですね。

後出しじゃんけん的に予言されているのを見つけた! なんて話もあります。

●聖書の暗号

『聖書の暗号』という本が世界的に大ヒットしたことがあります。聖書の中には後世に起こることが予言されていたというのです。聖書に隠された暗号を読み解く手法は、簡単にいうと「縦読み」です。「縦読み」「斜め読み」などを駆使して、文字列の中に意味のある単語を拾うというものでしたが、世界中から突っ込まれ、その評価は今では「バカじゃないの」となっています。

ことほどさように予言というのは当たりません。

■予言者の外しっぷりはすごい!

世界的に有名な予言者の外しっぷりを見てみましょう。エドガー・ケイシーという人物がいました。現在でも超能力者、予言者として有名な人物ですが、彼が生前に行っていた予言を検証してみると、当たっていたものなどありません。どんな予言をしたかといいますと……。

・アトランティス大陸がフロリダ沖のビミニ島付近の海底で見つかる

・古代に沈んだアトランティス大陸が浮上する

・日本列島の大部分が海に沈む

・ピラミッドに隠されていた文献が見つかる

・ポールシフト(地球の自転軸、磁極が移動すること)が起こる

予言に失敗した例だけをこのように列挙すると「ホラ吹き」としか思えませんね。では、なぜいまだにこのような人物が予言者などといわれるのでしょうか。それは、当たったように思える事例だけが記憶に残るからです。

何万回もの失敗があってもそれはすぐに忘れられ、もしかしたら当たったのでは? と思える事例が一つでもあれば、世の中の人は「予言者」として記憶してくれるのです。予言者というのは人々の「忘れっぽさ」に支えられた職業といえるかもしれませんね。

(高橋モータース@dcp)

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催