インターンシップで「私服でお越しください」と言われたら? プロに聞く正しい服装とマナー

学生の窓口編集部 (Y.Y)
2017/02/14
インターン
あとで読む

学生が実際に企業で就業体験をするインターンシップ。「私服でお越しください」と言われる場合もありますが、そうなると何を着ていけばいいのか迷う人も多いようです。そこでキャリアカウンセラーの水野順子さんに、私服でインターンシップに参加する場合の正しい服装と身だしなみのマナーについて聞きました。しっかり確認して、礼儀正しい格好でインターンシップに参加しましょう。

▼こちらもチェック!
就活にふさわしいのは?あなたにぴったりのネクタイの色&柄診断!

アパレルやIT、ベンチャー系企業などのインターンシップでは「私服でお越しください」と指示されることが多いものです。ただ「私服」といっても、ジーパン+Tシャツなどの完全OFFスタイルではなく、その職場で働くための「オフィスカジュアル」であることを忘れずに。一般的な服装マナーは以下の通りです。

●インターンシップでの基本の私服スタイル【男性編】
■服装
トップスは襟付きのシャツでノーネクタイ、ボトムスはチノパンなどのシンプルなパンツを。ジーンズやカーゴパンツ、サルエルパンツなどはNGです。ジャケットは着用するのが望ましいですが、やはりデニムやスウェット生地ではインターンシップの服装としてはくだけすぎ。何を選んだらいいか迷ったら、店頭で「きれいめにもカジュアルにも着られる、テーラードジャケット」と相談してみるといいでしょう。

■靴
革靴を履きましょう。ただ夏場に黒の革靴は重すぎるので、ダークブラウンの紐靴か、ローファーが一足あると便利。スニーカーやサンダルをインターンシップのときに履いていくのはマナー違反です。


●インターンシップでの基本の私服スタイル【女性編】
■服装
女性の場合のインターンシップの私服は、ブラウス+スカートに、ジャケットやカーディガンなどの羽織りものをプラスします。ブラウスは長袖が基本で、ノーカラーでもOK。スカートはボリューミーなデザインは避け、すっきりしたシルエットのものを選びましょう。その企業の女性社員の通勤ファッションを参考にするのもお勧めです。

■靴
ヒール高が3〜5センチのシンプルなパンプスか、オープントゥを。夏場だと黒靴は重くなるので、ブラウン系の色味がお勧めです。サンダルやミュール、厚底シューズなどはNG。

男女ともシャツは清潔感のある白を基調にし、ボトムやジャケットは落ち着いた色味のものを選べばいいでしょう。
ただ、企業がインターンシップで「私服でお越しください」と指定するのは、学生のキャラクターが見たいという意図から。なので「○○でなければ」と縛られず、マナーの範囲内で自分の個性を出していくことも大切です。インターンシップでは多少の失敗は許されるものですから、あまり怖がりすぎないようにしましょう。

文●鈴木恵美子

■水野順子さん プロフィール
キャリアカウンセラー、ビジネスメンタルトレーナー。CareerCollection代表。官公庁、外資系企業、国内企業という異なる職場での勤務経験を活かし、女性や若者を対象としたキャリアカウンセリングを実施。ストレスケアや人間関係の築き方から、ライフプランまでを含めたキャリアライフ支援を行っている。

関連記事

あなたにオススメ

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「仕事・将来」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催