実録! 就活でもらってイラッときたお祈りメール6選

実録! 就活でもらってイラッときたお祈りメール6選

2017/03/05

就活マナー

●内容に傷ついた


・ご縁がありませんでした。という文面を見るとすごく萎えた。その時は自分と合わないかもしれないけど、これからその会社と関わるかもしれないし、その会社のお店などを利用するお客様になるかもしれないのに「ご縁がない!」ときっぱり言われるのは嫌な気持ちになった(女性/24歳/通信)
・性格の悪い感じのメール(女性/25歳/運輸)
・説教じみたことが書いてあったとき(男性/37歳/その他)
・「想定する人材と大きく異なっていた」などの文言(男性/33歳/金属・鉄鋼・化学)

●その他

・スカウトメールを送っておきながら不採用(男性/33歳/建設・土木)
・文章が少ない(女性/24歳/医療・福祉)

お祈りメールにイラッと来る原因は、不合格そのものよりも、合否を連絡すると言っていたのに連絡が来なかったり、その連絡があまりにもテンプレート通りだったりすることのようです。

いかがでしたでしょうか。企業側はたくさんの就活生を相手にするため一人ひとりの就活生に丁重に不採用の理由を説明するのは難しいのでしょうが、お祈りメールを受け取る側の就活生は傷ついていることも多いようですね。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査期間:2017年1月
調査人数:就活を経験した社会人男女154人

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ