【まんが】「明治が終わる・・新時代で待ち受けている衝撃の事件とは・・・?」『こころ/夏目漱石』(3) #Z世代pickコミック

編集部:ゆう

お気に入り!

あとで読む

こんにちは!学窓ラボのまつやまるなです。皆さんは、日本文学が好きですか?今回は、夏目漱石の代表作「こころ」の漫画版をご紹介します。

本作では、ストーリー全体を通して、人間の苦悩との闘いや他人に対する想いといった「こころ」の本質が描かれています。私自身、この話を知ったことで、命の大切さを感じるとともに、普段から他者にどう接したらいいのかを考えるきっかけになりました。小説をイチから読むには時間がないという方、こちらの漫画でサクッと読んでみてはいかがでしょうか。

タイトルにもある“こころ”が動かしていく深いストーリーを読んだことがある人もない人もぜひ読んでみてください。

◀◀「前回の話」を読む

▶▶「次回の話」を読む

©Teamバンミカス、原著・夏目漱石、漫画:Teamバンミカス/Gakken

続きを読む

「まんがで読破」の一覧はこちら

◀◀「前回の話」を読む

▶▶「次回の話」を読む

■作品解説:茂木健一郎(脳科学者) 【エゴイズムと倫理の葛藤。文学の至宝】 物語を駆動しているのは、人間の意識ではない。無意識の「こころ」なのだ。自らの「こころ」のどうしようもない力動に苛まれる。そこには震撼すべき哲学がある。

■あらすじ:【人に失望していた私は 自分に絶望したのです】 人間を信用せず豊富な知識をもちながらも隠居生活を送る「先生」。「私」はその不思議な魅力に惹かれていた。ただ、その「先生」の過去はわからない。あるきっかけを皮切りに語られる「先生」の過去。そこには「先生」を苦しめた金銭をめぐる出来事、そして過去の恋愛においての、自分のエゴ、現在までの苦しみが綴られていた。文豪・夏目漱石が人間の性をあぶり出す。

『まんがで読破 こころ』

Teamバンミカス(漫画)夏目漱石(原作)
発売:2023年9月14日(木) 定価: 792円(税込)
発行:Gakken
詳細ページ:
https://www.amazon.co.jp/dp/4054069312/

「まんがで読破」の一覧はこちら

編集部:ゆう

編集部:ゆう

学生に「一歩踏み出す勇気」を持っていただけるような記事を届けたいです。

関連記事

「将来を考える」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • QUOカードPayが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催