【ホロライブ5期生単独ライブレポート(写真あり)】ホロライブ5期生初の単独ライブ「hololive 5th Generation Live “Twinkle 4 You”」のオフィシャルレポート公開! #Z世代Pick

みゆう(学窓ラボメンバー)

お気に入り!

あとで読む

目次
  1. ホロライブ5期生初の単独ライブ「hololive 5th Generation Live “Twinkle 4 You”」のオフィシャルレポート
  2. <写真あり>各メンバーソロパートで披露されたのは...
  3. ライブは終盤!アンコールではあの曲が♪
  4. アーカイブを見るには?グッズ情報もご紹介♪

こんにちは!リリースピッカーのみゆうです!今回はホロライブからのお知らせをお届けします!

⇒【ホロライブ所属VTuber・星街すいせいがヘッドライナーを担当!】「Mori Calliope」「大空スバル」ら豪華アーティストによる夢の共演!リアルとバーチャルの祭典「バズリズム LIVE V 2023」開催! #Z世代Pick

ホロライブ5期生初の単独ライブ「hololive 5th Generation Live “Twinkle 4 You”」のオフィシャルレポート

7月7日、ホロライブ5期生の雪花ラミィ、桃鈴ねね、獅白ぼたん、尾丸ポルカがTOKYO DOME CITY HALLにて自身ら初の単独ライブイベント「hololive 5th Generation Live “Twinkle 4 You”」を開催した。2020年8月にデビューした彼女らは「ねぽらぼ」の愛称で親しまれ、普段の配信スタイルも、得意なことも、歌い方も性格もバラバラ。それでも集まると最高に可愛くて楽しい。そんな個性強めの4人による、念願の初ライブとなった。

定刻を迎えると、オープニングムービーが始まる。七夕の夜空には天の川と満天の星々。過去のライブ出演映像も含めたメンバー紹介パートでは、各メンバーカラーのペンライトとともに歓声が上がる。

M1:キラメキライダー☆

パステルカラーのきらめきに乗ってブライト衣装のラミィ、ねね、ぼたん、ポルカが登場すると、一曲目はホロライブの全体公式曲から「キラメキライダー☆」。背景映像にはネオン調のメンバーアイコン、ステージにはカラフルな流れ星が降り注ぎ、同期ユニゾンを響かせる4人はまぶしいくらいに輝いている。<あの日から続く未来はみんなと掴んだ今日だよ>という歌詞にメッセージを託し、約3年越しに実現した5期生初ライブの幕開けを彩った。

M2:Cosmic Wonderful Tour!

4人が中央に集まったかと思えば、新曲「Cosmic Wonderful Tour!」が走り出す。ラミィの「みんな!ペンライトもっともっと見せて!」の声にボルテージが上がれば、ねねとポルカ、ラミィとぼたんが体を寄せて歌う様子に心がキュンと打ち抜かれる。共通の振付は息ぴったりに、振付のない部分はそれぞれの個性が見えるステップで曲に乗る。

ここで一息ついたメンバーは今日初のMCに入り、順番に挨拶と掛け合いを楽しむ。時折他のメンバーからガヤやツッコミが入るなどリラックスした雰囲気で和ませつつ、しっかり者のラミィが進行を進めると、ライブイベントならではのコミュニケーションとして順番にウェーブを楽しんだ。クールなぼたんによる貴重な「ししろんしか愛せない」も、この日ならではの特別な思い出に。ふとステージセットに目をやれば、雪民、ねっ子、SSRB民、座員くんも連れてきてくれていた。

ポルカのハイトーンボイスが雰囲気を一変させ、披露されたのは「劣等上等」。メイン歌唱はポルカ・ねねの2人だが、ラミィ・ぼたんもダンサーとして盛り上げる。パワフルで硬質なポルカの歌とキュートでソフトなねねの歌声がダンスミュージックに乗って響き渡り、フロアを最高潮に沸かせる。

続けて、3月の「hololive 4th fes. Our Bright Parade」でもカバーされた「Bad Apple!!」のイントロが始まる。今度はぼたん・ラミィが歌唱を務め、ねね・ポルカがダンサーで参加。ぼたんのまっすぐ響く可憐な歌、ラミィの優しく包みこむような歌がモノクロの映像演出の中で化学反応を起こし、中毒性の高いステージングを繰り広げた。

明転すると、ねねのオリジナル曲「Lunch with me」。ここからソロパート……と思いきや、なんと4人全員でパフォーマンス。ソロ曲を同期のみんなで歌う特別感にチャーミングな振り付けが合わさり、ステージ上は「可愛い!」が大渋滞。ねねが「みんなお昼食べてくれてありがとう!」と締めくくると、次の曲へ。

ステージ背景が切り替わり、ラミィ、ポルカが歌唱を担当する形でYOASOBIの「群青」をカバー。メンバーの動きはしなやかなものに切り替わり、真剣な表情から放たれる歌声には感情がこもる。休むことなく、今後は歌唱をぼたん、ねねに交代してSEKAI NO OWARIの「Habit」をカバー。2人による新鮮な低音域はもちろん、陣形も振付も複雑な難度の高いダンスで、4人はアイドルとしての成長を見せた。

「ようこそおいでくださいました!」とのあいさつで、ポルカのオリジナル曲「ペルソナ」を全員で披露。真っ赤な照明とレーザーが、情熱的なアップチューンをさらに加速させ、ポルカの生の高笑いや力強いがなりには座長たるプライドがにじんでいた。

M9:BLUE CLAPPER

ここで、「BLUE CLAPPER」「Twinkle 4 You」などを手掛けたPandaBoY氏が登場し、DJタイムがスタート。クラップの要求で最高潮に盛り上げたまま、DJver.の「BLUE CLAPPER」になだれこむ。もともとライブ映えする楽曲だが、この日だけ施されるエフェクトやスクラッチによって縦ノリのグルーヴが強まり、思わず体を揺らしてしまう。

シルエットとともに映し出されるカウントダウン。何が始まるのか注視していると、DJプレイとともに4人のダンスパフォーマンスがスタート。興奮度をぶち上げられ熱いくらいの会場だったが、続くぼたんのオリジナル曲「I I I Love You」によって、一気に幻想的な空気へ。セットリストの緩急に魅了されるなか、メンバーのハーモニーや4人の姿に映像を映し出すプロジェクションマッピングの演出にも心をつかまれる。

余韻さめやらぬまま、「Candy-Go-Round」へ。原曲はホロライブの別のメンバーが歌っていたが、DJ×ねぽらぼの歌唱によってまた異なる魅力を放つ。衣装が部分的に光る演出もきらびやかで、エモーショナルな気分を煽られる。

M12:Hyper Jumpin'

続いて、この日初披露となったねぽらぼの新曲「Hyper Jumpin'」。繰り返すジャンプの要求はもちろん、<子どもくらいはしゃぐ方がお徳でしょ><低気圧から這い上がっていくテンション><酔いながら打ち返しまくる@(メンション)><カートを乗りこなして進むミッション>など4人らしさをちりばめたフレーズ、交代のラップパートなどライブ映えする仕掛けも満載。これからのねぽらぼの看板となるであろう一曲が誕生した。

かなりの曲数を連続で披露してきた4人。続くMCでは息切れ気味ながらも改めて新曲「Hyper Jumpin'」を紹介したり、「Lunch with me」で失敗したハ-トポーズをリベンジしたりと、リラックスした表情も見せる。

1 3 4

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • QUOカードPayが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催