押さえておこう!先輩が証言する就活&バイト面接のポイント

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

学生にとっての難関となるのがバイトや就活での「面接」。参考書や指南本は数多くあれど、本当のところどれが役立つのか分からないと嘆く人も少なくないでしょう。そこで今回は、実際にバイトや就活の面接で勝利をつかみとった先輩たちにインタビュー! 実体験から学んだ面接で気をつけるべきポイントを聞いてきました。

●椅子には浅く座って前のめりに

「椅子には必ず浅く座りましょう。そうすることで、前のめりに話を聞いている感じを演出できます。また、椅子に深く腰かけている他の学生よりも前に出られるので、面接官により存在をアピールしやすいと思います」(社会学部・4年男子)

「椅子に深く座っていると偉そうに見えるので、浅く座るのは鉄則です。また、素早く立ち上がれるというメリットもあります」(キャリアデザイン学部・4年男子)

座った時は背筋を伸ばして、姿勢に注意! とはよく言われますが、それに加えて、浅く座るのがポイント。これは実践するしかないですね。

1

関連記事

「入学・新生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催