押さえておこう!先輩が証言する就活&バイト面接のポイント 2ページ目

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む


●部活の先輩と話すような気持ちで臨む

「面接となるとつい固くなってしまいますが、そこまで肩肘張らず、部活の先輩と話す感じで臨むと会話も自然と盛り上がります」(文学部・4年男子)

「話すことだけでなく、仕草や体の動きにも気を配ったほうがいいと思います。それも杓子定規に振る舞うのではなく、あくまで自然に相手の話を聞いて興味を示すことが大切。いつもどおりに振る舞えばいいと思いますよ」(文学部・4年女子)

面接となると、誰でも緊張して固くなってしまうものですが、「部活の先輩と話す感じ」というのはいいアドバイスですね。自然体を上手に演出できそうです。

●一面接一笑いでインパクトを残す

「僕のモットーは、一面接一笑い。相手の記憶に残るのはもちろんですが、笑いがとれていれば、たとえ落とされた時も後悔しなくて済むんです」(人間環境学部・4年男子)

「どんな形であれ、笑いをとりましょう。自虐ネタだろうとなんだろうとインパクトが大事です」(キャリアデザイン学部・4年女子)

たくさんの人を面接するわけですから、印象に残るようにするのはとても大切ですよね。その手段として、「笑いをとる」というのは分かりますが、なにか鉄板ネタを用意しておく必要がありそうです……。

いかがでしたでしょうか。今回のインタビューで、先輩毎に色々な工夫や気配りをしていることがよくわかりました! 面接成功のため、ぜひ実践してみてください。

(文・法政大学 浅井、インパクト)

2

関連記事

「入学・新生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催