草木、動物、生きとし生けるものすべてに、大切な命が宿っている。どの命にも、同じ尊さがあって......|エッセイ企画「#Z世代の目線から」キーワード:目標

学生の窓口 学生編集部

お気に入り!

あとで読む

エッセイキーワード:目標
エッセイタイトル:『なりたい姿』/著者:まいちゃん さん


草木、動物、生きとし生けるものすべてに、大切な命が宿っている。

どの命にも、同じ尊さがあって、そこに優劣はない。

人はなぜ、なんのために、
自他を比較し、
優劣をつけたがるのだろう。

みんな、それぞれ重要な役目があって、その役目を全うするために生まれてきた。
この地球に必要とされているから、生まれてきたのだ。

必要とされて生まれてきた命に、優劣などないでしょう。

みんなが大切な存在だから、みんなを大切にしていけたらいいな。

生きていると、ときには相容れない人と関わることもある。そして、相容れない人を非難する言葉を言うこともあるかもしれない。

でも、その言葉は、そっくりそのまま自分にも当てはまらないかな。他者は、自分をよく写す鏡。自分の心の在り方が、そのまま他者へ抱く感情としてあらわれてくる。

他者の欠点はよく見えるけど、自分の欠点はあまりよく見えにくいものだ。自分の欠点に向き合おうとしないと、結果的に、いつまでたっても自分の首を絞めることになる。

自分の未熟さを棚にあげ、他者を非難していないだろうか。

自分は未熟ではないと思っている場合、過去の自分はどうだっただろうか。過去の自分を棚にあげて他者を非難していないだろうか。かつての自分は、本当に「人格者」だったのだろうか。過去の自分も同じようにして、他者に接していなかったか。今の自分が大人だと思っているのなら、自分が、他者を思いやりながら他者を良い方向へと導く者になったらどうか。


他者のことをとやかく言う前に、自分の足元を見よう。そうしたら、案外、自分は他者の世話になっている。他者は、未熟な自分とお付き合いくださっている、尊い存在。

人は、自力で生きているようで生かされている。だから、自分を生かしてくれているすべての存在に感謝しながら、そのすべての存在に喜んでもらえるように生きたい。
これが、わたしが目標とする姿。


著者:まいちゃん さん
学校・学年:京都橘大学 4年
著者コメント:お目通しいただきありがとうございます。 自分の在りたい姿を綴ってみました。

エッセイに共感したらシェアしよう!

「#Z世代の目線から」7月期エッセイコンテストの結果と総評はこちら

==============

あなたもエッセイを書いてみませんか?11月のキーワードは“ほっとするもの”

学生の窓口 学生編集部

学生の窓口 学生編集部

マイナビ学生の窓口を一緒に作る現役学生たちのチームです。現役学生のリアルや生の声をいっぱいお届けします。

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催