【後編】留学の準備はこれで完璧! 海外留学を考えている学生の不安やお悩みをプロが解決!

編集部:ぜんや

お気に入り!

あとで読む

「海外留学を考えているけど、どこから準備をすればいいのかわからない……」

そんな悩める学生のみなさんに向け、マイナビ学生の窓口は公開オンライン取材「留学の準備はこれで完璧! 海外留学を考えている学生の不安やお悩みをプロが解決!」を実施しました。

【後編】となる今回は、イーエフ・エデュケーション・ファースト・ジャパンで留学カウンセラーとして働く小倉佳奈子さんが、実際に寄せられた13のお悩みを解決。その一問一答の模様をお届けします!

登壇者プロフィール

PROFILE

小倉佳奈子(おぐらかなこ)

1996年生まれ、岐阜県出身。大学在学中にオーストラリアへ交換留学。 卒業後は旅行会社へ就職し、手配旅行、企画旅行を販売。 その後自動車部品メーカーの営業職を経て、現在のイーエフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社へ入社。 自身の留学経験をもとに、留学カウンセラーとして日々一人一人の生徒様が海外で活躍するための夢のお手伝いを行う、充実したキャリアを進む。今回はイギリス出張を終えて帰国したばかり。

▼INDEX
1.留学をするには、まず何から始めたらいいでしょう?
2.留学の準備はいつ頃から始めたらいいですか?
3.留学はいつがベストなんですか? 大学在学中?それとも社会人になってから……?
4.留学の手続きは自分でしたほうがいいのでしょうか?
5.留学先がなかなか決められないのですが、何かいい選び方はありますか?
6.留学先での友達の作り方を教えてください。
7.ホームシックの解消法があれば教えてください。
8.留学することで、本当に英語は上達するんですか?
9.海外生活は楽しみだけど、出発前に不安になってきました……。
10.現地で体調が悪くなった場合、どうすればいいの?
11.外国人と英語でうまくコミュニケーションがとれるか、授業が理解できるか、自信がありません……。
12.授業料の他に、どんなことにお金がかかるの?
13.海外の治安が不安です……


1.留学をするには、まず何から始めたらいいでしょう?

留学を考えるときは、まずインターネットで留学会社やエージェントを検索し、資料を請求するのが一般的だと思いますが、資料を見ているだけでは各社の違いはなかなかわかりません。弊社もそうですが、どの会社も留学説明会を対面やオンラインで実施しているので、まずは説明会に参加することをおすすめします。

そうすることで、まだ留学のヴィジョンが具体的でない人でも、留学までのプロセスや準備の仕方が明確になります。もし、すでに具体的な留学ヴィジョンがあるという方は、個別のカウンセリングに参加することをファーストステップにしてみてもいいと思います。

2.留学の準備はいつ頃から始めたらいいですか?

長期留学の場合は大体1年前から手続きを始める人が多く、早い場合は2年前から始めている人もいます。短期留学の場合も、半年以上前からの予約をおすすめします。

なぜそんなに時間が必要なのかというと、例えば長期留学の場合は学生ビザを取得しないといけないので、書類の準備も必要ですし、ビザの取得に数ヶ月間かかる国もあります。つまり、あまりギリギリのタイミングで留学の予約をすると、本来行きたかった国に行けなくなってしまう場合があるんです。

短期留学の場合も、人気の学校は半年前から申込みが埋まってしまいますし、「本当は学生寮に入りたかったのに準備が遅かったせいで定員漏れしてしまった」というというケースもよく目にします。

逆に、早く準備を始めれば国や都市の選択肢も広がるので、計画は早いうちから立てておくにこしたことはありません。

3.留学はいつがベストなんですか? 大学在学中?それとも社会人になってから……?

社会人になってから留学する方も多いので、決して遅いことはないと思います。しかし、やっぱりできるだけ早い段階での留学がおすすめですね。

留学したことで視野が広がり、留学前とやりたいことが変わる人も少なくありません。就活直前に留学した結果、それまで考えていた進路をゼロから見直すことになったというケースもあります。自分の進路や将来の可能性を広げるためにも、思い立った時点ですぐに行動するといいと思います。

4.留学の手続きは自分でしたほうがいいのでしょうか?

親御さんと一緒に手続きにいらっしゃる学生さんもいますが、親御さんにすべて任せっきりにしてしまうのはおすすめできません。あくまで留学するのは自分ですから、自分でしっかり考えないと、渡航先でギャップが生じてしまう可能性もあるので、あくまで本人主体で動いたほうがいいと思います。

5.留学先がなかなか決められないのですが、何かいい選び方はありますか?

留学先がなかなか決まらない、という方は少なくありません。中には、見積もりを5種類出しても決められない方もいらっしゃいます。そういうときにアドバイスするのは、「優先したいポイントをランク付けしましょう」ということですね。

例えば、絶対に譲れないのが「価格」だったら低予算で行ける都市を選べばいいでしょうし、絶対に「アメリカ英語」を覚えたいけど「治安」も大事だというなら、アメリカ英語を使っている国や都市の中から、比較的治安のいいところを選ぶといった具合ですね。

6.留学先での友達の作り方を教えてください。

人間関係は、自分から動いていかなければ広がりません。本当に友達を作りたいなら、自分から積極的に他国籍の生徒に声をかけていくことが大切です。

私が通っていた語学学校は大半が日本人生徒だったので、友達の友達まで対象を広げたり、大学にいる外国人の生徒に声を掛けたりしました。ちなみに、イーエフの場合は本当に国籍比率が豊かで、「学校で私だけが日本人でした」というパターンもあります。

7.ホームシックの解消法があれば教えてください。

私も留学して最初の数週間はホームシックにかかりました(笑)。でも、現地で友達ができると自然に解消されるかなと思います。友達ができれば放課後に一緒に遊んだり、日頃の悩みを相談できたりするので、やはり自分から積極的に声をかけて友達を作ることが大切です。

ちなみに、私もたまにイーエフの留学生からホームシックの連絡をもらうことがありますが、ほとんどの場合は1〜2週間で一切連絡がこなくなります。友達ができて、現地に馴染み始めたんだと思います。「留学生活を楽しむぞ!」という意思を大事にしましょう。

8.留学することで、本当に英語は上達するんですか?

これは学校にもよりますが、やはりいろんな国籍の友達がいると、授業中も放課後も英語で会話しないと生活ができないので、自ずと英語力は上がっていきます。私も留学に行く前と行った後とでは、TOEICで300点近く点数が上がっているので、実際にスコアという意味でも成果は出るんじゃないかと思います。

9.海外生活は楽しみだけど、出発前に不安になってきました……。

私も留学へ行く前は本当に不安で、渡航の1週間前まではあまり留学について考えないようにしていました(笑)。でも、同じタイミングで語学学校に入学する生徒も必ずいるので、学校に行けば似た境遇の友達もできますし、自然と不安も解消されます。

留学は自己成長のために行くものです。留学中のあらゆる経験は今後の人生にも活きてくるので、最初は不安かもしれませんが、あくまでチャレンジしに向かっているのだという心持ちで臨むといいかと思います。

10.現地で体調が悪くなった場合、どうすればいいの?

通常は保険に加入しているので、現地の病院に通うことができます。保険会社によって対応は変わりますが、配布されるパンフレットに現地の病院リストが書いてあったりするので、それを元に病院を探してみましょう。ホームステイの場合は、滞在先の家族に相談すれば病院を紹介してくれるはずです。

イーエフの保険では、現地の学校にも保険に詳しい担当スタッフがいますので、学校のスタッフに相談すればおすすめの病院に案内してくれます。自分ひとりで我慢するのではなく、誰かに現状を伝えて一緒に対応してもらうようにしましょう。

11.外国人と英語でうまくコミュニケーションがとれるか、授業が理解できるか、自信がありません……。

日本の英語教育は文法重視なので、頭の中で文法を整理して話そうと意識し過ぎると、逆に英語がスラスラ出てこないという問題があります。

でも実際は、そんなに綺麗な文法じゃなくても意味を汲み取ってもらえることが多いんです。むしろ、完璧な英語を話せる留学生はいないので、「今の英語力ではダメだ……」と思うのではなく、「こんな英語でも話してみよう!」というやる気が大事になってきます。

殻さえ破れれば、自分から積極的にコミュニケーションが取れるようになりますし、そうなれば英語ももっと上達していきます。自信を失くすのではなく、「ここから話せるようになっていこう」という気持ちでコミュニケーションを取っていきましょう。

12.授業料の他に、どんなことにお金がかかるの?

授業料以外だと、例えば教材費、入学金、登録金、学生寮の滞在費などがかかってきます。留学会社やエージェントを通じて留学手続きを申し込むときはサポート費用なども余分にかかりますし、航空券や現地でのお小遣いも必要です。

基本的に、語学留学中は短期でも長期でも現地でアルバイトできない国がほとんど。もし学生ビザだけど現地でアルバイトもしたいという人は、オーストラリアやマルタならアルバイトができるのでおすすめです。

13.海外の治安が不安です……

いくら治安がいいと言われている都市でも、物を置きっぱなしにして離席すると盗まれてしまったり、夜に一人で出歩いていると危険な目に遭ったりすることもあります。ですから、常に「自分は海外にいるんだ」と肝に銘じながら生活するようにしましょう。断言はできませんが、そうやって普通に生活していれば、あまり大きな問題は起きないかと思います。

同じ国でも、選ぶ都市によって治安の良し悪しも分かれるので、少しでも治安のいい都市を選んでおくと安心して過ごせるかと思います。

ーー多くの疑問を解決してくれて、本当にありがとうございました! 最後に、留学を考えている大学生へ、小倉さんがメッセージを寄せてくれました。

「留学を考えている学生さんは、帰国後の自分を思い浮かべ、将来をどう過ごしたいかを考えながら留学に行ってもらえると嬉しいです。私たちは、みなさんが世界に羽ばたくためのサポートをしたいと思っていますので、ぜひ個別の相談やプランニング、問い合わせをお待ちしています。本日はありがとうございました!」

文:猿川佑
編集:学生の窓口編集部
取材協力:イーエフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン

イーエフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社
語学学習、文化交流、アカデミックプログラムそして研修旅行を通じ世界を広げる。 語学留学をはじめ、文化交流や、外国語による専門分野での教育を推進している。50カ国以上にオフィスがあり16カ国で語学学校を展開している。また、英語力測定テスト「EFSET」を実施している。
https://www.efjapan.co.jp/aya/

編集部:ぜんや

編集部:ぜんや

活字中毒の中年編集者です。暇さえあれば本やウェブコンテンツを読み漁っています。 文章や言葉で読者を楽しませたり、悩みに寄り添い勇気づけられるよう、日々悪戦苦闘しながら言葉を紡いでいます。

関連記事

「将来を考える」カテゴリの別のテーマの記事を見る

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催