【庵野秀明氏が絶賛!】特撮作品の現場を55年間取材撮影し続けたカメラマン大島康嗣の集大成『HERO大島康嗣の仕事』10月31日発売 #Z世代Pick

学生の窓口 学生編集部

お気に入り!

あとで読む

こんにちは!リリースピッカーの湯川です。ウルトラマンや仮面ライダーなど特撮ヒーローの写真が一冊に詰まった写真集をご紹介します。

©円谷プロ ©石森プロ・東映

雑誌のために現場に張り付いて、特撮作品の写真を撮る。仮面ライダーやウルトラマン、スーパー戦隊シリーズの現場では今や普通の光景になっているが、それを始めたパイオニアカメラマンがいる。

1964年に講談社写真部のカメラマンとなり、『週刊少年マガジン』のグラビア特集の撮影を担当。当時グラビア記事構成を担当していた大伴昌司氏の信頼も厚かった。並行して特撮作品『丸出だめ夫』『ウルトラQ』などの現場取材撮影をスタートし、1971年『仮面ライダー』の人気から創刊された幼年雑誌『テレビマガジン』で掲載された特撮作品のほぼすべてを撮影したのがカメラマン大島康嗣だ。2019年放送の令和の仮面ライダー『仮面ライダーゼロワン』まで55年間、仮面ライダーシリーズを中心に、188作品のキャラクターを被写体にシャッターを押し続けた。

取材撮影をはじめて間もないころ、現場に「邪魔だ!」と言われていたところから、制作サイドと人間関係を作りあげ、信頼を勝ちとって、撮影してきた大島の写真は、数えきれない。

※中面12~13ページ 第2回撮影会 アクターの古谷敏さんにお願いをしてたくさんのポーズを撮影した

当時、雑誌で使用する写真は、データのように複製することがかなわなかったので、多くの雑誌に掲載するには、キャラクターの同じポーズのポジが必要だった。現場のために早く、そして雑誌のためにたくさん撮影するために、フィルムを海外から取り寄せ、改造したこともあったという。雑誌の写真のためにそんな発明までする仕事人・大島康嗣の残した写真は今、講談社の宝のひとつである。

講談社の所蔵する写真のなかで、雑誌で使われた写真もあれば、雑誌の読者層には合わなくて使われなかった写真もある。ただ、大島はカメラでキャラクターの生き生きとした動きを追い、それを「獲物」と呼んだ。「獲物」を捕らえた写真は、どのカットも、そのとき、そこにヒーローがいるのだ、と雄弁に語る。

今回の写真集は、大島康嗣が特撮のキャラクターと向かい合ってきた臨場感と55年の歴史をテーマに、どんな距離でどんな体勢でどのようにシャッターを押したのか、想像をしながら1枚1枚見ていただけるよう工夫した。巻末には、1087枚の写真すべてに大島のコメントを掲載。

※中面124~125ページ 左ページ右上の写真は藤岡弘、さんご本人がアクションをしていた

子どもだったころ、夢中になっていたあのヒーローは、このように撮影され、雑誌に掲載されていたのかと、驚きと感動を与える唯一無二の写真集をぜひお手元で。

●掲載作品
ウルトラQ/ウルトラマン/ウルトラセブン/ウルトラファイト/ウルトラマン80/ウルトラマングレート/ウルトラマンパワード/ウルトラマンティガ/ウルトラマンダイナ/ウルトラマンガイア/仮面ライダー/仮面ライダーV3/仮面ライダーX/仮面ライダーアマゾン/仮面ライダーストロンガー/仮面ライダー/仮面ライダースーパー1/仮面ライダーZX/仮面ライダーBLACK RX/真・仮面ライダー序章/仮面ライダーZO/仮面ライダーJ/仮面ライダークウガ/仮面ライダーアギト/仮面ライダー龍騎/仮面ライダー555/仮面ライダーブレイド/仮面ライダー響鬼/仮面ライダーカブト/仮面ライダー電王/仮面ライダーキバ/仮面ライダーディケイド/仮面ライダーW/仮面ライダーオーズ/仮面ライダーフォーゼ/仮面ライダーウィザード/仮面ライダー鎧武/仮面ライダードライブ/仮面ライダーゴースト/仮面ライダーエグゼイド/仮面ライダービルド/仮面ライダージオウ/仮面ライダーゼロワン/超人バロム・1/変身忍者嵐/ロボット刑事/アクマイザー3/超神ビビューン/宇宙鉄人キョーダイン/大鉄人ワンセブン/快傑ズバット/宇宙からのメッセージ銀河大戦/宇宙刑事ギャバン/宇宙刑事シャリバン/宇宙刑事シャイダー/巨獣特捜ジャスピオン/時空戦士スピルバン/兄弟拳バイクロッサー/超人機メタルダー/世界忍者戦ジライヤ/機動刑事ジバン/特警ウインスペクター/特救指令ソルブレイン/特捜エクシードラフト/特捜ロボジャンパーソン/ブルースワット/超力戦隊オーレンジャー/超光戦士シャンゼリオン

撮影/大島康嗣

1942年埼玉県生まれ。1964年講談社写真部カメラマンとなり、『週刊少年マガジン』グラビア担当。1965年から2020年まで、特撮作品のスチールを撮り続ける。

★大島カメラマンが撮影秘話を語り尽くす、スペシャル動画を準備中! 詳細は10月下旬に【TELEMAGA.net】上で発表。

●商品概要
『HERO 大島康嗣の仕事』
定価:7480円(税込)
体裁:A4変型 320ページ
発売日:2022年10月31日
発行所:株式会社 講談社

編集/湯川むく(学窓ラボメンバー)

学生の窓口 学生編集部

学生の窓口 学生編集部

マイナビ学生の窓口を一緒に作る現役学生たちのチームです。現役学生のリアルや生の声をいっぱいお届けします。

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催