vuca時代で求められるスキルとは?人材像・教育・これまでの時代との変化を解説

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む


近年、VUCA(ブーカ)という言葉を聞くようになりました。

VUCAとは不確実性の高い予測不可能な社会のことを指し、まさに今日における現代社会のことを意味しています。

ここでは、VUCA時代といわれている今日、どのような人材やスキルが需要を高めていくのかについて説明しています。

VUCA時代は当たり前となってきました。一人ひとりが成長し、切り抜いていきましょう。

VUCAとは予測不可能な社会のこと

VUCAとは「Volatility(変動性)」「Uncertainly(不確実性)」「Complexity(複雑性)」「Ambiguity(曖昧性)」の4つの単語を組み合わせた造語です。

もともとは1990年代のアメリカで、軍事用語として使われていました。

さらに2016年におこなわれたダボス会議で使用され、ビジネス用語としても一躍有名になりましたね。

VUCAは、不確実で解決方法のないことを意味しています。

近年IT技術が発展し、10年前の社会とは全く違う時代を生きているともいえるでしょう。

さらには、大震災や自然災害なども日常的に起きるようになりました。

このように、最早昔とは技術もなにもかも違う現代を、VUCA時代と言われていますね。


▼関連記事はこちら

vucaとは 読み方・意味・使い方・事例を解説

VUCA時代の今、何が求められる?

VUCA時代の今、昔とは違うことがわかりました。

しかし、実際ビジネスにおいてはどのようなことが求められているのか、以下2つを説明したいと思います。

  • ・人事マネジメントを変化させる
  • ・ひとりひとりが積極的に対応していく

人事マネジメントを変化させる

日本では、終身雇用や新卒の一括採用など、人事マネジメントがある程度どの企業も同じです。

しかし、先の見えないVUCA時代の今、昔と同様の人事マネジメントは不利になっていくでしょう。

実際に、アメリカでは半分の人口が会社員ではなくフリーランスとしてはたらいている事実もあり、企業という雇用方法も考え直さなければいけません。

そのためにも、学歴にしばられた採用基準ではなく、様々な価値観を持った人材を得られるよう再構築をおこなっていく必要があるでしょう。

ひとりひとりが積極的に対応していく

企業だけではなく、従業員一人ひとりが積極的に対応していくことも必要となります。

VUCA時代は、激しく変化していく時代とも言えます。

一つの考えや戦略だけにこだわらず、他の戦略にも手を伸ばせる人材が、VUCA時代の鍵となっていくでしょう。

VUCA時代の今後、どのような教育が必要か

では、企業としては今後どのような教育や研修をおこなっていく必要があるのか、簡単に以下3つを挙げます。

  • ・ビジョンを明確にしていく
  • ・情報収集や学習を当たり前とする
  • ・失敗を恐れない

ビジョンを明確にしていく

ビジョンを明確にしていきましょう。

VUCA時代は、不確実性の高い複雑な社会ではありますが、ビジョンを明確にしなければなにも解決方法をとることができません

まずは企業がビジョンを明確にし、そのあとに従業員一人ひとりがついていけるよう道を示す必要があるでしょう。

情報収集・学習を当たり前とする

VUCA時代は変化が激しく、新たな情報が錯綜しやすいです。

そのために、最新情報を常にアップデートし、最新技術を学ぶことも怠ってはいけません。

企業内だけにとどまらず、他国の情報にもつねに目を向けていきましょう。

失敗を恐れない

失敗を恐れずにチャレンジを続けていきましょう。

VUCA時代は、社会が急激に変化していくため、これまでのやり方や考え方では通用しないことが増えていきます

そのためにも、新しいことに挑戦していく必要があるでしょう。

VUCA時代に必要な人材とは?

VUCA時代を生き抜くためには、人材にも注意が必要です。

以下3つのような人材が、VUCA時代には必要だと感じます。

  • ・新たなアイデアを活用できる人
  • ・リーダーシップをとれる人
  • ・グローバルに長けた人

新たなアイデアを活用できる人

新たなアイデアを出し続け、活用できる人材がVUCA時代には必要です。

VUCA時代は急激な変化に耐えていく必要があり、新しい事業やジャンルに挑戦した者が生き残っていくような時代です。

そのような時代だからこそ、新しいアイデアを沢山生み出すことのできる人材は、大変貴重だと言えるでしょう。

リーダーシップをとれる人

リーダーシップをとれる人材は、とても重宝されます。

不確実で不透明な社会だからこそ、先導を切ってくれる人材が必要です。

さらに、個人の力が長けているだけではなく、周囲の能力や士気も高められる人物がいると、尚良いでしょう。

グローバルに長けた人

VUCA時代はグローバル時代でもあります。

日本でも、大手企業の公用語に英語が使われるようになるなど、グローバルな環境が増えつつあります。

さらに、アメリカだけではなくインドやフィリピンといったアジア諸国の技術革新は目まぐるしく、日本での雇用も増えてきました。

そのような社会では、言語に長けた人材が必要不可欠であり、一つにこだわった考えではなく様々な価値観を持てる柔軟な人材が重要となっていきます。

VUCA時代を生き抜くために、一人ひとりがスキルを磨いていこう

VUCA時代は、現在もつねに問題視していかなければいけません。

大震災などの自然災害は当たり前となり、グローバル化も日常化してきました。

昔とは違うと感じ取っている方も多いでしょう。

一方で、今までと同じやり方や考え方を繰り返している方も多いはずです。

VUCA時代は、変化を求めている時代とも言えます。

様々な考えに耳を傾けて、柔軟に対応できるよう一人ひとりがスキルを磨いていきましょう。

学生の窓口編集部

学生の窓口編集部

「3度のご飯よりも学生にとっていいことを考える!」の精神で
大学生に一歩踏み出すきっかけコンテンツをたくさん企画しています。
学生生活に役立つハウツーから、毎日をより楽しくするエンタメ情報まで
幅広く紹介していますので、学窓(がくまど)をチェックしてみてください!

関連記事

「その他」カテゴリの別のテーマの記事を見る

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催