レンタカーを借りる際の自動車保険はどうすれば良い?他車運転特約とレンタカー特約の違いも解説

編集部:ろみ
2020/10/21
車のある生活
あとで読む

旅行などでレンタカーを利用する際に、事故などのリスクに備える自動車保険はどのようにしたら良いのでしょうか? レンタカーを利用する際は、新たに保険に加入する必要はあるのか、自分自身が加入している自動車保険を、レンタカーに適応できるかなど、今回は、レンタカーと自動車保険について解説します。

レンタカーの料金には保険料が含まれている

レンタカーの料金には、自動車保険の保険料が含まれている場合がほとんどです。基本的な補償内容が含まれている場合が多く、レンタカー会社によっても内容の詳細は変わってきます。レンタカーを借りる際には、対人補償、対物補償、車両補償などの自動車保険の内容について、詳しく尋ねてみることをおすすめします。

ちなみに、通常の自動車保険の場合、事故が起きた際には契約車が自己負担しなければならない「免責金額」が設定されており、補償を受けるには、この免責金額を支払う必要があります。しかし、レンタカーの保険の場合には、この免責金額が0円となるような「免責補償制度」を行なっていることもあります。

また、レンタカーに課された保険は、運転者の保険ではないため、仮に保険を利用したとしても、自身の等級が下がることはありません。

契約している自動車保険にレンタカーを追加適用できる

レンタカーに、自分自身の自動車保険を適用させることも可能です。加入している自動車保険に、「他車運転特約(他車運転危険補償特約)」がついていれば、事故の際には優先して、自分の自動車保険を利用することができます。

また、友人など、他者から借りた車などに利用するドライバー保険も、レンタカーに適用することが可能です。ただし、自分の自動車保険を利用する場合は、保険を使用することで自身の等級が下がることもあります。

レンタカー費用特約とは?

レンタカーの自動車保険で注意したいのがレンタカー費用特約です。これは事故によって自動車を修理に出した際に、その期間、レンタカーを借りる費用が補償される自動車保険の付帯特約です。レンタカーを借りる際の保険と混同されやすいのですが、異なるものであることを理解しておきましょう。

まとめ

レンタカーの料金には、基本的な補償内容の保険料が含まれている場合が大半です。また、レンタカーに自分自身が契約している自動車保険を追加で適用することもできます。レンタカーを借りる際には、起こりうる事態を予測し、しっかりと自動車保険を備えておくことをおすすめします。

初めての車探し"を応援する『モテカー』はこちら >>

(学生の窓口編集部)

監修協力:飯田道子

ファイナンシャル・プランナー(CFP)、海外生活ジャーナリスト。銀行勤務を経て、96年にFP資格を取得。各種相談業務やセミナー講師、執筆活動などを行っている。海外移住にも対応しており、特にカナダや韓国への移住相談や金融・保険情報を得意としている。
HPはこちら

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催