海外旅行保険で補償される範囲や内容とは?

編集部:ぱいん
2020/09/11
学生旅行
あとで読む

海外旅行保険の補償範囲や補償内容について解説します。一口に海外旅行保険と言っても、補償内容は幅広く、保険の種類によって、内容は異なるものです。保険を利用する時に「補償内容について、もっと知っておけばよかった……」と後悔してしまうこともあります。
(監修協力:FP 恩田 雅之)

海外旅行保険 補償範囲や内容

さまざまな補償プランが用意されている

海外旅行保険には、「個人プラン」や「ファミリープラン」などさまざまなプランが用意されています。また、主な補償内容には、以下のようなものがあります。

  • 死亡の場合
  • 病気やケガ
  • 携行品損害
  • 賠償責任
  • 飛行機の遅延、欠航に関するもの
  • 手荷物の到着遅延に関するもの

それでは具体的にどのような補償がされるのか、事例を元に見ていきましょう。

飛行機が遅延・欠航した

海外旅行保険の補償内容には、海外旅行で飛行機が遅延、欠航した際に支払われる補償があります。具体的には、飛行機の遅延、欠航によって、食事代や移動時のタクシー代、宿泊費など臨時にかかった費用を補償してくれる内容となっており、契約保険金額を上限とし、実損分が支払われます。

病気になったり、持病が悪化した

海外旅行中に病気やけがをした場合は、治療費用が保険によって補償されます。また、保険によっては、持病が悪化した場合の治療費に、対応しているものも。

なお、海外旅行保険の提携先病院での治療には、保険証券の提示をすれば、受診料を支払うことなく受けられる「キャッシュレス・メディカルサービス」が受けられることも多くあります。急な病気にも、費用の心配がなく治療が受けられるため、旅行者にとって安心できるサービスです。

窃盗や盗難に遭った

海外旅行でスーツケース、バッグ、カメラ、旅券、衣類などの携行品が盗難に遭った場合や壊した場合には、持ち物の価格(時価)、または、修理費用が、保険によって補償されます。支払金額は、契約保険金額を上限とし、持ち物の時価か修理費用のうち、金額の低いほうが適用されます。

旅行中にレンタル品が壊れた

海外旅行の際に、Wi-Fiなど業者からのレンタル品が破損や紛失してしまった場合は、賠償責任補償を受けることができます。尚、賠償責任補償は、レンタル業者と直接契約を交わした場合などに適用されるものであり、仲介業者や旅行会社などのサービス品は対象外となるため、注意が必要です。

また、レンタカーについては補償の対象外となる場合がほとんどです。レンタカーを利用する際は、レンタカー会社で、保険に別途加入することをおすすめします。

まとめ

海外旅行保険の補償内容は、保険会社によって、細かく定められています。保険の説明には、どうしても難しい言葉が多くなってしまうものですが、こちらの解説を参考にして、海外旅行保険への知識を深めていきたいものです。

(学生の窓口編集部)

監修協力:恩田 雅之
1959年、東京生まれ。専修大経営学部卒業後、16年間パソコン業界の営業の職業に携わる。CFP®資格を取得後、札幌にて「オンダFP事務所」を開業。初心者向け資産運用に関するセミナーと投資信託など資産運用を中心としたコラムの執筆やローン関連を中心に記事の監修などを中心に活動中。
http://onda-fp-jimusho.com/

編集部:ぱいん

書くことよりも調べることが好きな知的好奇心高め男子。編集部内でNHK担当と呼ばれています。休日はアウトドアか引きこもりのどっちか。

関連記事

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催