「トーマスと遊ぶ子ども」の動画で年収1億8000万円稼ぐ人がいるって本当?

編集部:はまみ
2016/08/13
学生トレンド
あとで読む

「トーマスと遊ぶ子ども」の動画で年収1億8000万円稼ぐ人がいるって本当?

さまざまなコンテンツで高収入をたたき出す有名人を輩出するYoutube、今回はフィリピンからアメリカ・ロサンゼルスに移住してきたカップル、マークとリアさんをご紹介します。3人の子どもを持つ二人は、「機関車トーマス」と遊ぶ子どもの番組を配信し、なんと2015年度は年収150万ドル(約1億8000万円)余り!

二人は「ilovemaything」というユーザーネームで「Hulyan Maya」というチャンネルを展開。3月前半時点で1週間の視聴数が2600万ビュー、全米42番目の視聴率を誇っているとか。一日平均300万ビュー以上になります(!)。

Hulyanは5歳の長女、Mayaは3歳になる次女の名前で、しばしば15分以上になるというビデオコンテンツのほとんどは、この二人が機関車トーマスやモンスターのおもちゃで遊んでいる風景を撮影しているというもの。

まだHulyanちゃんも生まれる前の2007からビデオコンテンツをアップロードし始めていたという二人、おもちゃのビデオをアップし始めたのは2010年から。そんな二人がヒットを生み出したのは、2013年で、Hulyanちゃんが「機関車トーマスと友達の緊急サーチライトセット」を買って、それを開けて遊ぶまでのビデオだったそう。

2010年以前までのビデオには大したものはなかった、というマークさんとリアさんですが、2013年のヒットを挟む10〜14年までの間で少なくとも100万ドル(約1億2千万)を稼ぎ出し、2015年は単年で150万ドルにまでなると話しています。

二人は元々学校でメディアやマスコミュニケーション、カメラ技術などを専攻し、短編映画の制作の経験もあったそう。おもちゃを見せるだけで、なぜにこんなに人気のコンテンツに?の問いには「ビデオメイキングのノウハウがあったことと、家族愛のあるコミュニケーションがカギだと思う」と話しています。

一方で、こうしたビデオを観る視聴者たちの間では「観るのは主に子どもたちで、子どもたちが気に入ったビデオを何回も何回も繰り返し観るからだ」との声も聞かれています。確かに子どもは、好きな映画や本は何回でも飽くことなく見返すもの。動画も同じなのかもしれませんね。

参考:How This Family Made More Than $1 Million From YouTube Videos of Their Kids Playing With Toys

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

春からFES

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催