名作からおバカ系まで―イチから学ぶサメ映画入門

編集部:いとり
2018/11/20
学生トレンド
あとで読む

11月2日、『シャークネード ラスト・チェーンソー 4DX』という映画が公開されています。これは、竜巻に巻き込まれた大量の人食いザメが降ってくるという映画で、なんと日本限定4DX公開となっています。キャッチコピーは「秋サメ前線到来!」。ついつい映画館に足を運んでしまいそうになるキャッチコピーではないでしょうか?
サメ映画は名作からおバカ系まで、山ほどあります。今回は、サメ映画未経験の方のために、そんなサメ映画の歴史と魅力を取り上げます。

名作からおバカ系まで―イチから学ぶサメ映画入門

サメ映画が作られ続けるのは『ジョーズ』のせい!?

スティーブン・スピルバーグ監督の『ジョーズ』は、1975年に公開され全世界で大ヒットしました。巨大なホオジロザメが田舎町アミティ近くの海に現れ、警察署長・学者・漁師の3人組が退治するために船を出す……というストーリーです。

このジョーズがあまりに面白かったので(今見ても最高に面白いです)、サメ映画と聞くとつい見てしまうという人が量産されてしまいました。そのような人は、ジョーズの続編が『ジョーズ2』『ジョーズ3』『ジョーズ'87 復讐篇』(ジョーズ4)と作られたときも、大して面白くはなかったのに、ついつい見てしまったのです。

「ジョーズの面白さをもう一度!」と願う人たちは今もいますし、また製作サイドに回って「自分の手で『ジョーズ』のような面白いサメ映画を作ろう」と決意してしまう人もいます。サメ映画が今も連綿と作り続けられるのは、原点にして頂点である『ジョーズ』があまりにも面白い映画であるからなのではないでしょうか!?

「サメ映画」の数々をご紹介

というわけですので、サメ映画は本当にたくさんあります。まずは元祖『ジョーズ』のシリーズです。全部見るとわかるのですが、このシリーズは(無理やり作られたにもかかわらず)、田舎町アミティの警察署長だったマーティン・ブロディ一家の年代記のような作品になっています。

・『ジョーズ』(1975年)
・『ジョーズ2』(1978年)
・『ジョーズ3』(1983年)
・『ジョーズ'87 復讐篇』(1987年)

世界初の4DX上映と話題になっていますが、「人食いザメを降らせる竜巻」との戦いを描いた『シャークネード』シリーズは、第1作が2013年にテレビ放映されています。実はこのシリーズはテレビムービーなのです。

・『シャークネード』
(原題『Sharknado』2013年)
・『シャークネード カテゴリー2』
(原題『Sharknado 2:The Second One』2014年)
・『シャークネード エクストリーム・ミッション』
(原題『Sharknado 3: Oh Hell No!』2015年)
・『シャークネード 4(フォース)』
(原題『Sharknado 4: The 4th Awakens』2016年)
・『シャークネード5 ワールド・タイフーン』
(原題『Sharknado 5: Global Swarming』2017年)
・『シャークネード6 ラスト・チェーンソー』
(原題『The Last Sharknado: It's About Time』2018年)

このシリーズには、未曾有の天変地異「シャークネード」と戦い続けるフィンという主人公が一貫して登場します。全部見るとわかるのですが、降ってくる人食いザメとの戦いがキツイのか、フィンの生え際の後退ぶりはちょっと深刻です。

9月に公開され日本でも大ヒットしたMEG ザ・モンスター(原題『The Meg』2018年)もサメ映画ですね。本作に登場するのは、古代に生息した「メガロドン」という巨大ザメの一種です。このメガロドンは全長が13-18メートルにも達するような怪物で、題材として人気があり、『MEG ザ・モンスター』以外にもメガロドンの活躍(?)を描いた作品があります。

ビデオスルー作品の『メガロドン』(2002年)は安いCGが魅力ですし、『ザ・メガロドン』(原題『Megalodon』2018年)は『MEG ザ・モンスター』に合わせて作られたビデオムービーです。ちなみに、本作の日本版パッケージではひと口で戦艦を飲み込むような巨大なメガロドンが描かれていますが、さすがにそこまで大きくはありません。

真面目な(?)サメ映画で言うと、サメを研究していた海中施設で事故が起き、閉ざされた空間でサメに襲われる『ディープ・ブルー』(原題『Deep Blue Sea』1999年)、体験ダイビングに参加した夫婦がサメのいる海域に置き去りにされる『オープン・ウォ-ター』(原題『Open Water』2003年)などもサメ映画の一種といえるでしょう。

とんでもない設定のおバカ系サメ映画

おバカ系のサメ映画では『Shark Attack』シリーズがあります。頭が2つある巨大ザメが襲い来る『ダブルヘッド・ジョーズ』(原題『2-Headed Shark Attack』2012年)、頭が3つある巨大ザメの『トリプルヘッド・ジョーズ』(原題『3-Headed Shark Attack』2015年)、と頭の数を一つずつ増やしている人食いザメのシリーズです(ビデオスルー/テレビムービー)。2018年8月18日にはついに『6-Headed Shark Attack』が放映されました。

巨大ザメがモンスターと戦う『メガ・シャーク』シリーズもトンデモ設定で人気のサメ映画です。

・『メガ・シャーク VS ジャイアント・オクトパス』
(原題『Mega Shark vs.Giant Octopus』2009年)
・『メガ・シャーク VS クロコザウルス』
(原題『Mega Shark vs.Crocosaurus』2010年)
・『メガ・シャーク VS グレート・タイタン』
(原題『Mega Shark vs.Kolossus』2015年)
・『メガ・シャーク VS メカ・シャーク』
(原題『Mega Shark vs.Mecha Shark』2014年)


という具合に、友達とお酒を飲みながら見たい作品がそろっています。

他にも、タイトルからして見る者をうならせる『シン・ジョーズ』と『PLANET OF THE SHARKS 鮫の惑星』、雪の中を猛スピードで泳ぎ人を襲う『アイス・ジョーズ』、女囚モノとサメを絡めた『シャーク・プリズン 鮫地獄女囚大脱獄』などの珍作も見逃せません。

というわけで、劇場公開作だけではなく、ビデオスルー、テレビムービーなどを入れるとサメ映画は驚くほど大量にあります。つまり、それだけサメ映画ファンがたくさんいるわけです。あなたはどんなサメ映画を見たことがありますか? まだサメ映画の世界に足を踏み入れたことがない方は、ぜひ今回ご紹介した珍作、名作の数々をぜひ鑑賞してみてはいかがでしょうか。

(柏ケミカル@dcp)

もっと映画&ドラマのコラムを読む!

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催