ミュートってどういう意味? 本来の意味とTwitterでの使い方

ナレッジリンクス
2018/10/11
学生トレンド
あとで読む

「ミュート」という言葉を聞いたことはありますか?スマートフォンを操作しているときや、テレビやパソコンでオーディオの操作をしているときに見たことがある人は多いでしょう。操作をしていて見ているけど、ミュートの正しい意味は知っていますか? 意味を知らないまま使っている人も多いかもしれません。今回は「ミュート」の意味と使い方について理解していきましょう。

ミュートの意味

ミュートってどういう意味?正しい意味と使い方を解説

まずは「ミュート」の意味を解説していきましょう。「ミュート」の意味は3つあります。

・「楽器の弱音器」
楽器の音を弱めるために取り付けている機器を弱音器といい、「ミュート」とも言われています。

・「テレビ・ステレオなどの消音装置」
テレビやオーディを機器に付いている消音装置を指します。

・「音を出さない」「無言の」
テレビやスマートフォンなどの音を消す際に使う装置や操作を「ミュート」と言います。

ミュートの使い方

「ミュート」の使い方を見ていきましょう。

・寝る前にスマートフォンの音量をミュートにしています。
・電話の声が聞こえないので、テレビの音量をミュートにしました。
・会議前に設定したスマートフォンのミュートを解除するのを忘れていました。
・トランペットの練習をするときにはミュート(弱音器)を使用しています。
・ツイッターにはミュート機能があります。

SNSにおいてのミュート

TwitterやFacebook、LINE、さらにインスタグラムには「ミュート機能」があります。知らない人や使っていない人もいるかもしれませんが、便利に使っている人も多いはずです。
Twitterでは「会話ミュート」の機能も提供されており、幅広いミュートが使えるようになっています。ここではTwitterのミュート機能について解説しましょう。

Twitterが導入した新機能の「ミュート」は多くの人に便利に使われています。Twitterの「ミュート」は、特定のユーザーのツイートはメインのタイムラインに表示されなくなり、プッシュ通知も届かなくなるという機能です。ブロックとは違って、ミュートされた相手は自分がミュートされたと気付きません。ブロックの場合は、ブロックされた相手はフォローができなくなり、自分がブロックされたことに気付きます。Twitterのミュート機能は相手からわからないことが大きな利点です。誰かをミュートした場合も、フォローは解除されません。新たにフォローすることも可能です。Twitterのミュート機能は、「Twitter.com」またはiOS、Android版のアプリから利用できます。

まとめ

「ミュート」の意味、使い方、さらにSNSにも「ミュート」の機能があることについてご紹介しました。SNSの中でもTwitterの「ミュート」機能は多くの人が利用しており、便利に使える機能となっています。SNSの「ミュート」機能も理解して、ミュートをうまく使いこなしたいですね。

執筆:melz.K
美容、就職・転職、その他さまざまな記事を執筆しているライター。クレジットカードやローンなどの記事も数多く執筆している。ライター経験は15年。本業は金融関係の仕事をしながら、兼業ライターとして活動している。ライターの仕事でさまざまな記事作成を行う中で、いろいろな知識を得ている。音楽など芸術が趣味で、時間を見つけてコンサートや展覧会に行っている。好きな音楽家のスペシャルコンサートに行くのが楽しみ。

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

春からFES

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催