20代が案内したい世界遺産 第2位 「広島平和記念碑(原爆ドーム)」、第1位は……?

学生の窓口編集部(S)
2018/04/09
資格
あとで読む

4月になり、いよいよ新学年がスタートしました。過ごしやすいこの春のあたたかい陽気にお出かけを考えている方は、日本国内外の世界遺産を回ってみるのはいかがですか? 日本国内でも多くの都道府県に今回は世界遺産検定を主催するNPO法人 世界遺産アカデミー(所在地:東京都千代田区)が実施した「世界遺産と仕事」の一部、20代が案内したい世界遺産をランキング形式で紹介します。

▽世界遺産検定とは? こちらの記事をチェック!
早稲田大学公認インカレサークル「資格ゲッターズ」の世界遺産検定の受検体験談

世界遺産の魅力を伝えたい20代が選んだ「案内したい世界遺産」1位は京都

世界遺産検定受験者の20代に「世界遺産に携わる仕事をするとしたら、どんな仕事をしたいですか?」と聞いたところ、「世界遺産を案内する仕事」と回答した人は全体の4割近くでした。さらに、その回答者に「実際に案内をしたい世界遺産」について調査した結果、1位は『古都京都の文化財』と、トップ10のうち9件に日本の遺産がランクイン。「外国人に日本の魅力を伝えたい」「地元の世界遺産の魅力を、世界の人々に知ってもらいたい」などといった声があがっていました。

政府が2020年までの訪日観光客数の目標を4,000万人と設定するなど、インバウンド需要は高まりを見せているようです。また世界遺産検定を受検した20代も、その流れを敏感に感じ取っていることが伺えました。

日本の文化を世界に発信したい! 案内したい世界遺産を選んだ理由は?

1位 「古都京都の文化財」 

・遺産1つ1つの歴史的背景等をその場所で説明したい(女性・2級)
・インバウンド向けツアーガイドをしてみたい(女性・2級)
・「いま勉強している歴史の知識を活かして案内したい」(女性・3級)

2位 「広島平和記念碑(原爆ドーム)」 

・唯一の被爆国である日本の原爆ドームを世界の人々に紹介したい(女性・1級)
・二度と戦争を起こしてはいけないということを観光客に伝えたい(女性・4級)
・「二度と戦争を起こしてはいけないことを伝えたい」(女性・4級)

3位 「モン・サン・ミシェルとその湾」

・広い修道院は案内のし甲斐がありそう(男性・2級)
・世界中から来る観光客に案内をしたい(女性・3級)
・「モンサンミシェルの成り立ちや見どころを伝えたい」(女性・3級)

京都や広島など、国内旅行であれば週末や5月にあるGWに世界遺産を巡る旅をさくっと計画することも◎。また今春、資格習得にチャレンジしたいと思う方は世界遺産検定の受検もおすすめです! ぜひこの春、世界遺産に足を運んでみてはいかがでしょうか?

調査対象:2017年12月17日に全国21都市で実施した「第30回世界遺産検定」の公開会場受検者中20歳代の受検者2667名
調査日:2017年12月17日(第30回検定日)

■世界遺産検定とは

世界遺産検定は、人類共通の財産・宝物である世界遺産についての知識・理解を深め、学んだ内容を社会へ還元することを目指した検定です。世界遺産への理解・習熟度を基礎から専門分野にいたるまで、幅広く総合的に測ります。2006年にスタートして以来、約18万人が受検し、10万人以上が認定されました。受検料の一部は、ユネスコ「世界遺産基金」に寄付され、世界遺産の保護や保全等に活かされています。

お問合せ・配信元
世界遺産検定事務局(NPO法人 世界遺産アカデミー内)

関連記事

関連キーワード

あなたにオススメ

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「仕事・将来」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催