平昌五輪で大学生が1番感動した瞬間ランキング! 第2位カーリング女子銅メダル獲得

学生の窓口編集部
2018/03/18
学生トレンド
あとで読む

たくさんの感動を与えてくれた、平昌オリンピックが閉幕。日本は冬季オリンピックでは過去最多となる、メダル13個獲得という快挙を成し遂げることができました。韓国・平昌とは時差がなかったということもあり、期間中は生中継を見たという人も多かったのではないでしょうか? オリンピックでは同世代の選手も多く、活躍の姿はすごく身近に感じますよね。さまざまなストーリーがあった今回のオリンピック、一番感動した瞬間といえばどんなシーンが思い浮かびますか? そこで今回は、大学生のみなさんに平昌オリンピックで感動したのはどの瞬間だったかを調査してみました。

▼こちらの記事もチェック!
女子大生に聞いた、付き合いたいスポーツ選手ランキング!

平昌オリンピックであなたが感動した瞬間を教えてください。

1位 フィギュアスケート男子の羽生結弦選手が金メダルを獲得したとき 121人(30.1%)
2位 カーリングの藤沢五月、吉田知那美、鈴木夕湖、吉田夕梨花、本橋麻里選手が銅メダルを獲得した瞬間 43人(10.7%)
3位 スピードスケートの高木美帆、菊池彩花、佐藤綾乃、高木菜那が女子団体追い抜きで金メダルを獲得した瞬間 35人(8.7%)
4位 スピードスケート女子500メートルの小平奈緒選手がオリンピック新記録で金メダルを獲得したとき 27人(6.7%)
5位 スピードスケートの高木菜那選手が女子マススタートで金メダルを獲得した瞬間 25人(6.2%)

感動した瞬間の第1位は、見事復活し、金メダルを獲得した羽生選手でした。2位は、女子カーリングの3位決定戦で勝利した瞬間。3位は、スピードスケート女子団体の追い抜き金メダルがランクインしています。続く4位は小平選手の新記録での金メダル、5位は作戦勝ちがすばらしかった、高木菜那選手の金メダルでした。

メダル獲得はもちろん、どんなところに感動した?

1位「フィギュアスケート男子の羽生結弦選手が金メダルを獲得したとき」と答えた人の意見M

・すばらしい演技だったので(女性/22歳/大学4年生)
・復帰直後だったのに金メダルをとったから(女性/19歳/大学1年生)
・けがをして心配していたから(女性/23歳/大学2年生)
・オリンピック2連覇はすごいと思ったから(男性/21歳/大学3年生)

2位「カーリングの藤沢五月、吉田知那美、鈴木夕湖、吉田夕梨花、本橋麻里選手が銅メダルを獲得した瞬間」と答えた人の意見

・チームスポーツで高度な戦略立案が求められる競技だから(男性/22歳/大学4年生)
・カーリング史上初めてのことだから(男性/26歳/大学院生)
・ほんわか女子がメダルを取ったから(女性/22歳/大学4年生)

3位「スピードスケートの高木美帆、菊池彩花、佐藤綾乃、高木菜那が女子団体追い抜きで金メダルを獲得した瞬間」と答えた人の意見

・チームでつかみ取った金に感動した(女性/21歳/大学3年生)
・息が合わないと難しい競技で金メダルはとてもすごいと思ったから(男性/22歳/大学4年生)
・一糸乱れぬ滑りに感動した(女性/24歳/大学4年生)

4位「スピードスケート女子500メートルの小平奈緒選手がオリンピック新記録で金メダルを獲得したとき」と答えた人の意見

・ライブ中継で見てハラハラした(女性/23歳/大学3年生)
・寡黙な人が熱くなっていたから(女性/23歳/大学3年生)

5位「スピードスケートの高木菜那選手が女子マススタートで金メダルを獲得した瞬間」と答えた人の意見

・本人が涙してるのを見て感動したから(男性/20歳/大学3年生)
・本当に金メダルとれると思わなかったし最後のレース展開に見ごたえがあった(男性/20歳/大学2年生)
・完璧な作戦勝ちだったから(女性/22歳/大学2年生)

選手たちのたゆまぬ努力やチームワークに感動続出

感動を呼び起こす場面は、メダルが決定する試合シーンだけではありません。羽生選手のように、ケガや復帰後初の大舞台というプレッシャーのかかる背景や、カーリングやスピードスケート女子団体が見せてくれたチームワークのすばらしさなど、さまざまな要素が観る人を熱くさせるオリンピックだったのではないでしょうか。スピード感あふれるスケーティングも、興奮させられました。そして、選手本人の涙やよろこびの姿は、観客の私達にとっても本当にうれしいものでしたね!

たくさんの感動をくれた平昌オリンピック!

ポイント1:平昌オリンピックで感動した瞬間は羽生結弦選手の金メダル

いかがでしたか? たくさんの快挙と感動を残してくれた平昌オリンピック。今回ご紹介したほかにも、多くの場面で数々の感動を与えてくれました。選手たちの中には、休む間もなく次の試合へと向かっている人も多いと思いますが、このすばらしい経験を糧にさらに活躍してほしいものですね。オリンピックに続いて、3月18日まで平昌パラリンピックが開催中。日本代表は4種目に出場しています。ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査期間:2018年2月
調査人数:大学生男女402人(男子大学生203人 女子大学生199人)

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催