Macの学割ってどれくらいお得なの? 大学生にうれしい特典を徹底解説

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

Macのパソコンといえば、以前はグラフィックや映像編集など専門職の方向けと言われていました。ですが今ではMacBook Airに代表されるデザイン性の高い薄型ノートパソコンが一般に広く普及。大学生にもとても人気があります。
実は大学生の皆さんがMacを購入するとき、学割が適用されることはご存知でしょうか。学生の今だからこそ受けられるお得な割引、まさに使わないと損!今回はAppleの学割制度について徹底解説します。

▼こちらの記事もチェック!
なぜクリエイターはMacばっかり使うの? デザイナーに聞いてみた。

Macの学割制度ってどんなもの?

Appleで用意している学割制度は、学生や教職員などの対象者が、アップル製品を割引価格で購入することができるというもの。Appleでは直接学割とは呼ばず「Apple Store for Education」と呼んでいます。購入方法は後述しますが、学生・教職員向けの特別オンラインストアが用意されており、対象製品はMac、iPadの2シリーズiPhoneやiPodなどは、残念ながら割引対象外です。

まずはMacの学割の対象者かどうか確認!

この学割制度を使う前に、まずは対象者の範囲をきちんと確認してみましょう。結論から言いますと、大学生のみなさんは対象になります!

・大学、高等専門学校、専門学校の学生
・上記の教育機関への入学許可を得ており、進学がすでに決定している生徒
・大学受験予備校生
・小中高大専門学校の教職員
・PTA役員(選出されて活動が決定している人も含む)

注意点としては、小中高生は対象範囲になっていません。それから、日本国内の学校に限られていますので、こちらもご注意下さい。

ちなみに大学というのは、

・短期大学
・大学院
・放送大学全科履修生および修士全科生
・インターナショナルスクール

が含まれます。短大や大学院もOKです!
専門学校というのは、「専修学校専門課程」のこと。民間のいわゆる専門校やスクールなどは含まれません。

対象範囲のなかに「PTA役員」が入っているのは、なかなか珍しいですよね。このPTA役員にも実は制約があり、学校全体を統括するPTA幹部のみが対象。学年単位の委員さんなどは対象とならないのは残念なところです。学生のみなさんにPTAはまだ関係ないかもしれませんが、頭の片隅に覚えておくと後々役に立つかもしれませんね。

さらに!上記に記載したような、大学・高等専門学校・専門学校の学生、それらの学校に進学が決まった生徒、大学受験予備校生は父母の代理購入も可能。「家族でMacを使いたい」という用途でも購入できますよ。

年間で購入できる台数は決まっている!

Apple Store for Educationで学割を使えるからといって、周囲の分までまとめ買い!といったことのないよう、購入台数には制限が設けられています。

・デスクトップPC/Mac mini/ポータブルPC:年間各1台まで
・iPad:年間2台まで
・ソフトウェア:各タイトル年間2本まで

1年の期間は「4月1日〜3月31日」。オンラインおよびアップル直営店、全国の大学内対象店舗で購入した合計の台数でカウントされます。例えばMacBook Airは年間1台と決まっていますので、年度内にオンラインストアと直営店でそれぞれ1台ずつ学割購入することはできません。

▶︎参考:Apple学生・教職員向けストア「返品・送料を含む販売条件」

Macの学割はどのくらいお得に購入できる?

Apple Store for Educationではどのくらいお得に購入できるのでしょうか。ここからは、Macパソコンの中でも比較的お手頃モデルを中心にご紹介していきます。(2021年2月現在の販売状況より)

MacBook Air 13インチ

・8コアCPUと7コアGPUを搭載したApple M1チップ
・256GBストレージ
・93,800円(税別)【正規価格:104,800円(税別)円】
割引額⇒11,000円

MacBook Pro 13インチ

・8コアCPUと8コアGPUを搭載したApple M1チップ
・256GBストレージ
・123,800円(税別)【正規価格:134,800円(税別)円】
割引額⇒11,000円

iMac 21.5インチ

・2.3GHzデュアルコアプロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.6GHz)
・256GBストレージ
・114,800円(税別)【正規価格:120,800円(税別)円】
割引額⇒6,000円

今回ご紹介した3機種では、割引額は6,000円〜11,000円ほど。機種によっても割引額には差があるようですね。

さらにお得なキャンペーンも!

上記のようなMAC本体の割引のほか、時期によっては「新学期キャンペーン」などでさらに特典がつくことも。例えば、

 ・Apple Storeギフトカードのプレゼント
・サポート充実のAppleCare+が20%オフ

ギフトカードがもらえればカバーなどの周辺アクセサリに充てることができますね!AppleCare+は加入しておくと保証が3年間に延長されたり、サポートが手厚くなったりするので安心です。

▶︎画像引用:Apple学生・教職員向けストア

MacPCのおすすめポイント

前項のほかもっと上位機種のiMac Proも学割対象となっていますが、大学生にオススメなのはMacBook AirまたはMacBook Proあたりではないでしょうか。やはりノートPCは自宅↔︎学校へと持ち運びができるのが大きいですよね。

特にMacBook Airは「Air」という名の通り、流れるように繊細なスリム形状が魅力。学校でもカフェでも、サクッと取り出してストレスなく作業がはかどること間違いなしです。

一方、MacBook Proの方は品揃えが豊富で、

・ストレージ:256GB、512GB、1TB
・ディスプレイ:13インチ、16インチ
・心臓部:M1チップ、Intelプロセッサ(6コア・8コア)

といった豊富なラインナップからチョイスすることができます。
ところでこの心臓部の「M1チップ」というのは最近大注目となっているAppleの新技術。「圧倒的な処理速度」に加えて「電力コスパ最高」「それなのに安い!」ということで、単なるアップグレードというよりも、もはや全く新しい次元へと到達。Apple渾身の自信作となっているのです!

「M1チップ」はMacBook Proの一部の機種と、MacBook Airで採用。お財布に優しいのもメリットなので、一度検討してみては。

AmazonでMacPCを見てみる

Macの学割を使う際の注意点

ほとんど値引きというものがなく、定価通りで購入することが多いアップル製品を、お得に購入できるこの学割は、とても魅力的ですよね。ただし、注意点もありますのでここで確認しておきましょう。

身元確認はしっかり行われます

Appleでは商品発送後でも改めて購入者の身元確認をすることがあります。もしも不正が発覚した場合は、無条件で商品発送のキャンセルや、契約解除を行うこともあるとのこと。

そればかりか、正規価格との差額と損害金を請求したり法的措置を取ったりすることもあるとされています。くれぐれも利用対象者になりすまして購入するといったことのないようにしましょう。

転売行為はダメです!

学割を使って購入した製品は、購入年月日より1年間は利益を上乗せして販売する転売行為が禁止されています。学割はあくまで学生を対象にした割引優遇制度であり、販売の仕入れ制度ではありません。しっかりと制度の趣旨を把握しておきたいところです。

Macの学割を使用して購入するには

Macの学割制度を使って購入をする場合は、

・アップル直営店であるApple Store
学生・教職員向けオンラインストア
・全国の大学内対象店舗

で購入をする必要があります。

直営店Apple Storeでは、商品を知り尽くしたスタッフに相談できるのが強み。実際に機種を触りながら購入をすることが可能です。ただし、アップル直営店は現時点で全国10店舗とあまり多くありません。

Apple Storeに行けない方は、学生・教職員向けオンラインストアで購入をしましょう。上記リンクから簡単にアクセスすることができます。商品選びで迷ってしまいそう、という方もAppleはサポートが充実していますのでご安心を。

ネットサービスであるあるな「メール対応のみ」「チャットのみ」ではなく、Appleでは電話対応もかなりしっかりしている印象。ストア画面を見ながら問合せすれば、きっと納得のいく商品選びができることでしょう。

決済方法は、クレジットカード・Apple Pay・銀行振り込み・コンビニ払込・Apple Storeギフトカードなどを選択することができます。実はショッピングローンもあるのですが、ローンやクレジット分割は「新学期キャンペーン」などの特典が対象外となってしまいます。どちらがいいか、よく確認してから選択するようにしましょう。

学割購入方法の3つ目は、「全国の大学内対象店舗」です。こちらは全国すべての大学というわけではなく、Appleと連携している大学で購入することが可能。しかも大学内の場合は、一般の学割よりもさらに割安な特別価格になることが多いようです。これは使わない手はありません!是非通っている大学のPC担当窓口や大学公式ホームページをのぞいてみましょう。

かっこいいデザインのアップル製品で大学生活をスマートに

Appleが販売するパソコン、Macシリーズはこだわり抜かれたデザインの美しさが最大の魅力。さらに内臓ソフトもAppleが手がけるものが多く、相性の良さもあってか動きのサクサク感は素晴らしいです。大学生活でのレポート作成はもちろん、日々のネットブラウジングや写真・動画管理などでも、きっと大活躍してくれることでしょう。

また、もう1つの魅力としてiPhoneとの連携が挙げられます。MacとiPhoneはApple IDで連携するので、ブックマーク・カレンダー・リマインダー・連絡先など様々な機能やアプリが一気に利便性UP。

ただし、アップル製品はどうしても価格に目が行きがち。学生が購入するとなると「もっとお手頃なものはないかな?」となりますよね。しかし、Appleは教育にも力を入れている企業。学生を優遇し、今回のような学割制度を設定してくれています。せっかくですからこの制度を利用して、お気に入りの1台を購入してみてはいかがでしょうか。Windowsユーザーの方も、一度Macに乗り換えたらやみつきになってしまうかもしれませんよ。

Amazonで今売れているパソコンをチェック!

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催