大学生のアルバイトの始め方! 経験者1000人が重視したアルバイト選びのポイントは?

編集部:はまみ

お気に入り!

あとで読む

大学生になって初めてバイトを始めるという人も多いのではないでしょうか?

アルバイトといっても、短期のバイトや長期のバイト、力仕事や事務仕事、接客業など種類はとっても豊富です。
初めてのバイトだからこそ、種類が豊富な中から、どんな仕事を選んだらいいのかわからないと困ってしまいますよね。

そこで今回はこれからアルバイトを始めようと考えている新入生や大学生に向けて、アルバイトの始め方についてのヒントをご紹介します。

バイト経験がある学生に対して、バイト探しで重視したポイントやどんな職種を選んだのか、用意した持ち物などアルバイトの始め方についても聞いてみましたので、先輩たちの意見も参考にぜひ自分ができそうなアルバイトを探してみてください。

憧れのアルバイトを始めよう!始め方の流れを解説


大学生になってからアルバイトを始めるという人は多いですよね!

きっと、あなたの周りにも大学入学後にアルバイトを始めたという友達もいるでしょう。

一方で、自分がやりたいバイトがわからなかったり、探し方がわからないという人も一定数います。

アルバイトと言えど初めて社会に出て仕事を経験するわけですから、怖い気持ちや不安な気持ちありますよね。

大学生が良く行うアルバイトの一般的な始め方は以下の通りです。

1. アルバイトしたい仕事内容を探す
2. 応募する
3. 応募書類を作成する
4. 面接する
5. 採用
6. 初出勤

フローについてもう少し深堀ってご紹介しますね!

アルバイトしたい仕事内容を探す

まず、アルバイトしたいと思う仕事内容を決めましょう。

アルバイトと言えど、ショップ店員やレストランの給仕係・体力を使うイベントスタッフなどの仕事・コツコツ作業型の軽作業業務など多岐にわたります。

・自分が続けられそうな仕事内容かどうか

・やってみたい仕事かどうか

・自分に合う仕事かかどうか

などを考慮して、気になる仕事を探してみましょう。

アルバイトはどこで探す?

一般的には該当のお店に貼ってある「アルバイト募集」といったポスターなど貼り紙をきっかけに応募することが多くあります。

駅の中に設置されているアルバイト情報誌も参考になるでしょう。

また、最近ではインターネットの普及により、お店のホームページや求人サイトを経由しての応募もできるようになりましたので、スキマ時間に求人を探せます。

▼こちらもチェック! 

おすすめバイト診断! 大学生のあなたにぴったりなのは? 

応募する

気になる求人があったらまずは応募しましょう。

応募の際は、主に以下のパターンに分かれます。

・お店へ直接電話
・求人サイトからの応募

求人サイトからの応募だと24時間365日、時間を気にせず応募できるので大変便利です。

希望するアルバイト先が電話のみの応募の場合は、お店が混雑しそうな時間をさけて電話するようにしましょう。

必要書類の準備

電話やネット経由での応募を経ると、面接の連絡が入ります。

日時を決めたら、アルバイト応募先から用意を依頼される書類を準備しましょう。

一般的には履歴書の用意はマストです。

履歴書はコンビニや文具店・スーパーマーケットの文具売り場で手に入りますので、必要事項を記入します。

特に志望動機欄には、なぜ応募先を選んだのかを具体的にわかりやすく明記します。

最近ではMicrosoft Office Wordを使って履歴書を作成できるようになりましたので、プリンターがある場合やパソコンが自宅にあるなどと言う場合は、参考にしてみてください。

その他、印鑑(シャチハタ)の準備や履歴書に添付する証明写真なども必要ですので、忘れずに準備しましょう。

面接

面接当日は、一般的には清潔感のある服装・身だしなみで問題ありません。

塾講師など仕事内容によってはスーツのほうが望ましいこともありますので、希望する仕事先の雰囲気に合わせて選択することも大切です。

面接当日は指定された時刻に遅れてはいけません。

面接場所に10分前に到着することを目安に行動すると安心です。

応募先の従業員や面接担当者に会ったらきちんと挨拶し、アルバイト先に自分をアピールするように心がけます。

採用

面接が終わった後、その場で採用の通達を受けることもあれば、数日以内に電話などで連絡というケースもあります。

担当者からその後のフローをきちんと伺い、採用結果を待ちましょう。

採用になった場合は、初出勤日や当日必要となる持ち物など働くための説明が入りますので、メモを取るなどして初出勤日を迎える準備をします。

初出勤

他のアルバイトの人たちや社員などと顔合わせしますので、きちんと自己紹介と挨拶をしましょう。

初出勤は業務を教えてもらったり、研修をしたりなどアルバイト先によって対応が異なります。

教えてもらったことをメモしながら、アルバイト生活をスムーズにスタートさせましょう!

【アンケート】先輩たちの意見からもチェック!アルバイトの始め方のヒント

『マイナビ学生の窓口』では、アルバイト経験がある大学生・大学院生・短大生・専門学校生1,005人にアルバイトの始め方に関するアンケート調査を行いました。

質問した項目は以下の通りです。

・バイト選びで重視した条件
・バイトを始めた時期
・長期バイトor短期バイトどっち?
・業種・職種の選び方
・バイトのために準備した持ち物

先輩たちの回答をひも解くと、バイト選びについて5つのポイントが共通して見られることがわかりました。

ポイント1:バイト探しで重視すること1位は時給・日給!
ポイント2:大学入学後、6月までにバイトを始める人が4割以上
ポイント3:初めてのバイトには長期バイトを選ぶ人が7割
ポイント4:初めてのバイトにはコンビニやレストランなど接客業が人気
ポイント5:用意したものは証明写真や印鑑など面接用が多い

アルバイトの始め方がわからないという人や、選び方のコツが知りたいという人などは先輩たちの回答を参考にして、アナタにピッタリのアルバイト先を見つけてみてください!

Q1.バイト探しで一番重視したポイント(条件)はなんですか?


1位 時給・日給 278人(27.7%)
2位 仕事内容 166人(16.5%) 
3位 勤務場所 153人(25.2%) 
4位 シフト制(シフト自由) 136人(13.5%)
5位 勤務時間帯 73人(7.3%)

「バイト探しで一番重視したポイント(条件)はなんですか?」と質問したところ、一番多かった答えは時給・日給で278人(27.7%)。

2位は仕事内容で166人(16.5%)、3位は勤務場所で153人(25.2%)、4位はシフト制(シフト自由)で136人(13.5%)、5位は勤務時間帯で73人(7.3%)と続きました。

バイト探しで一番重視するのは時給・日給!

バイトを始める際、先輩たちが一番重視しているのはやはり時給・日給のようですね。

「そもそも生活費を稼ぐ為にアルバイトを開始したから。(男性/24歳/大学院生)」

というように、お金を稼ぐことが目的でバイトを始める人が多いからでしょう。 

次に多かったのは仕事内容です。

「やりたい仕事でないと続けられないから(男性/24歳/大学4年生)」や「貴重な経験が積めるものがいいと思ったから。(女性/24歳/大学院生)」というように、仕事にやりがいを求めている人も多いことがわかります。

続く勤務場所やシフト制・勤務時間帯は「学業に支障をきたしたくなかったから(男性/22歳/大学4年生)」という意見に代表されるように、学業とのバランスを考えた働き方をしたいという思いを反映していることがわかるのではないでしょうか。

1 ・・・ 5

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催