【連載】『あの人の学生時代。』#18:井上真央「単位より本当に学びたいことを大切に」

学生の窓口編集部NA
2017/11/08
【連載】 あの人の学生時代。
あとで読む

【連載】『あの人の学生時代。』#18:井上真央「単位より本当に学びたいことを大切に」

著名人の方々に大学在学中のエピソードを伺うとともに、今の現役大学生に熱いエールを送ってもらおうという本連載。今回のゲストは、現在絶賛放送中のドラマ『明日の約束』で、感情の起伏が激しく過干渉な親(=毒親)に育てられ、悩みながら生きてきたスクールカウンセラー・藍沢日向役を演じている井上真央さん。子どもの頃からずっと俳優の仕事をしてきた井上さんは、いったいどんな大学生だったのでしょうか。

▼こちらもチェック!
【連載】『あの人の学生時代。』#6:土屋太鳳「大学で一生の仲間に出会えた」

大学生活の後悔は「単位をうまく取りすぎた」こと!


――井上さんは明治大学文学部に通われていたそうですが、大学と学部選びの理由は?

文学部で演劇学を専攻していました。単純に興味があったのと、今まで子どもの頃から演技をしてきて、実践のなかだけで学んできたので、知識をつけるという意味でちゃんと演劇理論も学んでみたいなと思って選びました。

――では、女優のお仕事を意識しての学部選びだったんですね。

そうですね。でも理由はそれだけではなくて、例えば心理学など、専攻である演劇学以外のいろいろな授業を自由に選んで受講できる学部だったから、というのもありました。

――大学に通いながらお仕事もされていたと思うのですが、やはり両立は大変でしたか?

【連載】『あの人の学生時代。』#18:井上真央「単位より本当に学びたいことを大切に」

レポートに追われる日々でしたね(笑)。朝イチでロケに行って、終わって合間の時間があったら学校に行って1限から授業に出て、そのあとまた現場に戻って夜の撮影をこなして……。空き時間もずっとレポートを書いているなど、大変といえば大変でしたが、義務教育の頃のほうがもっと大変だったので、それほど苦ではなかったです。

大学は自分でカリキュラムを組めるぶん、「この授業とこの授業は行きたい」というように、撮影がない日になるべくびっしり授業を入れて自分でスケジュールを組み立てられたので、それはすごくよかったですね。でもわりと詰め詰めに予定を入れていたので、1、2年生のときは特に大変でした。

――じゃあ、相当計画的に単位を取られたんですね。

そうですね、おかげで留年することなく4年間で卒業できました。……でも、大学生活を振り返って唯一後悔があるとすればそこかもしれません。「うまく単位を取りすぎた」ことを後悔していますね。大学生活を通じて友達ができて、その友達と一緒にすごすのが楽しかったので「この人たちと一緒に卒業したいな」と強く思っていたんです。だから計画的に授業を取って単位を積み重ねていったんですが、頑張って単位を取りすぎちゃったかな、って。単位のことを中心に考えるんじゃなくて、「本当に自分が学びたいもの」や「時間をかけてやりたいこと」に費やす時間がもっとあってもよかったかもしれない、と今になって思いますね。

卒業は4年でしたかったですけど、例え留年したとしてもそのぶん学んで挽回すればいいし、「学ぶために大学に入ったのに、単位取るためになっちゃったな」っていうのはひとつ後悔していることです。だからもし、過去に戻って当時の自分にアドバイスできるとしたら、「あんまりうまく単位を取りすぎないほうがいいよ」って言いたいです(笑)。

次のページ大学で一番思い出に残っていることは?

関連記事

関連キーワード

あなたにオススメ

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「仕事・将来」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催