【モデルのお仕事】TGC 2017 A/W出演の藤井サチさん「今しかできない失敗をたくさん経験して将来の糧に」 2ページ目

編集部:いとり
2017/09/14
キャリア
あとで読む
学生時代編すべての失敗は自分の糧になる

藤井さんの「ガクチカ(学生時代一番力を入れたこと)」は?

大学って自分で授業や単位を管理しなければいけない。そこは高校までとまったく違っていて、自由が利くぶん、「ここで何を学びたいか」を明確にしなければならないと思っています。わたしは本当に興味を持っていないと続かないと思ったので、まず試しにいろんな授業を受けてみました。受けるのが楽しみになる授業をしっかり見極めたことで、やっぱりこの学部を選んでよかったなと感じています。

実は、大学受験もだいぶ早い段階から自分には向いていないと気づいて、高校3年間はコツコツとAO入試対策に勤しみました。けっこう、自分を客観視するのが得意なのかもしれないです(笑)。

仕事で役立っている大学時代の経験は?

正直なところ、大学では黙々と1人で授業を受けることが多くて、友だちもあんまりいないんですよね(笑)。そのかわり仕事が楽しくて、そのことが逆にストレス発散じゃないですけど、いいバランスを保てている理由かもしれません。これを見ている学生のみなさんにも、学校だけじゃなくてインターンやバイトで、外の世界に飛び込んでみることをオススメしたいです。

就活前にやっておいたほうがいいことは?

藤井さん3

わたし自身、今意識していることですが、たくさん失敗しておいたほうがいいと思います。いろんな国に行ってみたり、先ほども言ったようにインターンやバイトをしてみたり。わたしも今、スタッフやマネージャーさん、経験値の豊富な大人の方と仕事させてもらうことで基本的な挨拶、礼儀や会話の仕方を学びました。慣れないバラエティ番組も失敗の連続ですが、そこでの失敗は失敗に終わらせず、自分の糧にしたい。今しかできない失敗をたくさん経験して、ステップアップできたらいいなと思っています。

キャスターという大きな夢を追いかけて選んだ大学、そしてバラエティの進出。その中では数多くの失敗も経験してきたという藤井さん。これらすべては、目標に到達するための着実な1歩だったんですね。学生のみなさんも、自分が将来なりたい姿から逆算して「学生時代、何をしたらいいか?」を見つめてみましょう。


DATA

出身大学・学部:上智大学、総合グローバル学部
趣味:身体にいいこと探し、ジム、キックボクシング、ファッション
特技:キックボクシング、英語
現在の主なお仕事・出演作品:NTV「踊る!さんま御殿!!」、「TBS「サンデー・ジャポン」、「クラロワ日本一決定戦」公式生配信番組、MC・アシスタントMC
Twitter・Facebook等SNSアカウント:
instagram @sachi_fujii_official

文:竹林佑子(M-3)
写真:中邨誠
取材協力:LIBERA

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「先輩ロールモデル」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催