大学生活の中で一番リア充だった瞬間・出来事8選「友達とノリでディズニー」

学生の窓口編集部
2017/09/05
学生トレンド
あとで読む

大学生活では勉強やバイト、サークルなどの大変さもある一方、友人や彼氏・彼女と楽しく過ごせる時間もあるでしょう。忙しくてもよい経験ができたり、よい仲間と出会えたりしたことで充実感を味わった人も多いのではないでしょうか。そこで実際に大学生活を振り返ったとき、「あの時は充実していたなぁ、一番リア充だったな」と感じた瞬間・出来事について、この春大学を卒業した大学生のみなさんに聞いてみました。

▼こちらもチェック!
おすすめバイト診断! 大学生のあなたにぴったりなのは?

■大学生活の中で一番リア充だったと感じた瞬間・出来事を教えてください。

●勉強や部活を頑張った

・研究で13日連続で通学したときは、ある意味充実していると思った(男性/23歳/大学4年生)
・毎日のようにゼミで集まって議論しているときは、忙しいけど充実していた(女性/22歳/大学4年生)
・部活の大会で負けて涙が出たこと。悔しい思い出だけど、それだけ打ち込めた証だと思った(男性/22歳/大学4年生)
・関東インカレに向けて練習に打ち込んでいた時期(男性/24歳/大学4年生)

●遊びや旅行を楽しめた

・就活が終了してから、大学生活最後の友達との思い出を作るためたくさん遊びの予定を入れたこと(女性/22歳/大学4年生)
・友達と「ディズニー行きたいね」「来週暇だよ? 行っちゃう?」「行っちゃおう!!」という会話で年に数回ディズニーに行けた(女性/20歳/短大・専門学校生)
・一年のときに友人と夏に車で北海道旅行をした。充実していると思った(男性/23歳/大学4年生)
・卒業旅行で自転車での台湾一周をしたとき。学生ならではの長期休暇をフルに利用して、20日間も気まま間に台湾滞在ができたから(男性/24歳/大学4年生)

次のページ充実していたなと感じたときとは?

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催