ドイツ人は直球で誘うべき!? 人によって使い分けたい2つの誘い方「直球タイプ」と「クッションタイプ」

学生の窓口編集部
2017/06/20
入学準備・新生活
あとで読む

こんにちは、サンドラ・ヘフェリンです。
日々いろんな人と関わる中で、「感じ方」や「受け止め方」が人によってまったく異なることを感じたことはありませんか? 言葉の使い方1つで自分の印象がよくなったり、悪くなったりすることもあるでしょう。たとえば遊びのお誘いのひとつでも、選んだ言葉によっては受け止め方が人によって違うものです。実際、友達や知り合いから「遊ぼう!」というお誘いの連絡があるとき、あなたはどんなふうに誘われたいですか? そこで今回は相手を誘うときに使われる、クッションタイプと直球タイプ、2つの誘い方をご紹介します。

▼こちらの記事もチェック!
会話が苦手な大学生必見! トークが盛り上がる心理学テクニック「ページング」って?

■クッションタイプ:相手の状況をまず確認する

たとえば人を誘うとき、遊びの内容や場所を言う前に「明日って、忙しい?」または「明日って、時間ある?」という聞き方をする人がいます。そこで聞かれた側が、「明日、ヒマだよー」と答えれば、遊びの内容(「誰々さんと飲みに行こうって思ってるんだけど、一緒に行かない?」など)や場所を話すし、逆に「最近、ちょっとバタバタしていて…」などと返ってくれば、「そうか、また今度ね。」となることもあるでしょう。

この誘い方がクッションタイプです。最初は用件を言わずに、まずは相手の状況を確認(たとえば「明日って、忙しい?」と聞いたり)してくれるので、聞かれた側は「こちらの都合や、こちらの状況をまず聞いてくれた上で、話を進めてくれた」と好印象を持つ人もいます。このタイプに好印象を持つ人は、実は「気遣い」を大事にするタイプかもしれません。

次のページ単刀直入に聞く「直球タイプ」の誘い方とは

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催