【先輩しくじり体験談】6浪してわかった! 一番の失敗は「挑戦しないこと」【学生記者】

里慶
2017/06/02
入学準備・新生活
あとで読む

こんにちは、横浜市立大学国際総合科学部4年の里慶です。

▼里慶さんの他の記事ももっと見る
https://gakumado.mynavi.jp/student_reporters/316

実は私は、大学に入るまでに6年間浪人のようなフリーターのような生活をしていました。なかなかめずらしい経験ですよね。今回はその経緯をお話しし、今後みなさんがより充実した大学生活を送れるように、私がしくじりから学んだ大学生活に対する考え方について共有したいと思います。

■僕・私はここで失敗した! 大学に入るまでのしくじりポイント

私は6浪をする前まで、がむしゃらに頑張っていればなんとかなると思って生きてきました。もちろんそれでなんとかなってしまう場合もあるでしょうが、必ずしもうまくいくわけではありません。貧乏な家庭に育ち、一時期は住む家がない時期さえもありました。そんな状況を打破するためには、ただひたすらバイトをして進学し、いい就職先を見つけるしかないと思っていました。どこに向かっているかわからず、ひたすら頑張ることで、悩む時間を減らすような生活をしてきました。

しかし、あることがきっかけで考え方を変えることができたのです。気持ちの整理もつき、大学に合格したときも、どうやって大学生活を頑張ろうか、なにに挑戦しようか、どうやって時間を使おうかなどかなり考え抜いたおかげで、今は本当に充実した大学生活を送っています。

■しくじってしまったのはなぜ? 今振り返ってわかった原因

やはりどこに向かっているかわからず、ただただ頑張っていたことが原因だと思います。今だから言えるのかもしれませんが、もっと戦略的にやっていれば違う道もあったかもしれません。しかし、人生の節々で出会った人たちに助けられたことで、最終的にはよかったと思えるようになりました。大学に入ってからはきちんと目標を立てたり、自分が向かいたい方向はどこなのかなどしっかり考えて行動しています。

次のページ失敗から学んだ教訓とは?

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催