いてくれてよかった! 女子大生が彼氏の存在の大きさを実感した瞬間5選

編集部:すい

お気に入り!

あとで読む

いつもはそっけない彼。でも、ここぞというときに、頼りになったり、愛情の大きさを感じさせてくれる……。そんな瞬間に、女子ならばキュンとしてしまうものですよね。では実際どんなときに、彼氏の存在を大きいと感じるものなのでしょうか? 今回、女子大生から意見を集めてみました。

▼こちらもチェック!
意外? 男性が彼女の存在をありがたいと感じる瞬間5つ

■彼氏の存在の大きさを実感した瞬間はどんなときですか?

●落ち込んだとき

・一番に心配してくれる人がいると実感したから(18歳/大学1年生)
・電話で話を聞いてくれたから(18歳/大学1年生)
・落ち込んでいるときに励ましてくれた(19歳/大学1年生)
・バイトのことで落ち込んでいるときに慰めてもらって少し元気になったから(22歳/大学3年生)

●別れた後

・別れてから彼氏のことを死ぬほど考えて、好きだったと気づいて、気持ち伝えてより戻したという経験をしたから(22歳/大学4年生)
・LINEが途絶えて寂しいなと思ったから(18歳/大学1年生)
・別れると寂しい(21歳/大学4年生)
・急に暇になったから(19歳/大学1年生)

●風邪をひいたとき

・看病してくれたことがうれしかった(19歳/大学1年生)
・ご飯を作ってくれるからゆっくり休める(20歳/短大・専門学校生)
・授業で頼れたり、優しい言葉をかけてくれたりしたから(20歳/大学2年生)
・風邪を引いたときにはLINEなどで寂しさを紛らせてくれた(22歳/大学3年生)

1

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催