希少価値がある「レアメタル」、一体どのくらいの価格で取引されるの?

編集部:はまみ
2016/09/04
学生トレンド
あとで読む

レアメタルってどのくらいの価格で取引されるの!?

産業界で必要とされているのに、埋蔵量が少ない、採掘にコストが掛かり過ぎて高くつく、などの理由によって希少な金属を一般的に「レアメタル」といいますね。近年、その供給のほとんどを中国一国に依存していたため、問題になったりしました。さて、このレアメタルっていくらぐらいで取引されるものなのでしょうか!?

■そもそもレアメタルってどんなものなの!?

まず、普通に取引高の多い「ベースメタル」「コモンメタル」というものがあります。アルミニウム・鉄・銅・亜鉛・スズ・水銀・鉛・金・銀がそうです。一般的に「レアメタルとは、これらのベースメタル、貴金属以外の、非鉄金属のことを指す」とされます。レアメタルの中でも、特に、ニッケル・クロム・タングステン・モリブデン・コバルト・マンガン・バナジウムの7つについては、日本の産業に重要なものとして国策で60日分の備蓄(国家備蓄の42日分+民間備蓄の18日分)が行われています。それだけ重要な資源というわけですね。

■レアメタルの取引価格は!?

では、レアメタルはどのくらいの価格で取引されるのでしょうか。「金属国際相場情報」(2015年4月14日現在)によりますと価格は以下のようになっています。

●ニッケル:12,520.00ドル/トン
●コバルト:12.05-12.95ドル/ポンド LMB99.8%
●酸化モリブデン:8.00-8.125ドル/ポンド
●フェロモリブデン:9.25-9.60ドル/ポンド
●パラタングステン酸アンモニウム:390.00-410.00ドル/キロ
●フェロタングステン:34.00-35.00ドル/キロ
●フェロチタン:5.50-5.70ドル/キロ

※注
・1ポンドは「約453.6g」です。
・LMBは「ロンドンメタルブリテン」のことです。
・「酸化モリブデン」は合金鋼に用いられます。
・「フェロモリブデン」は鉄とモリブデンの合金です。
・「パラタングステン酸アンモニウム」からは「タングステン」が取り出せます。
・「フェロタングステン」は鉄とタングステンの合金です。
・「フェロチタン」は鉄とチタンの合金です。

ちなみに「高いよ!」といわれる「アルミニウム」の同日の相場が「1,784.00ドル/トン」ですから、ニッケルはアルミニウムの7倍の価格ということになります。また、「酸化モリブデン」は1ポンドで約8ドルですから、無理矢理1トンにすると「17,636.68ドル」で、アルミニウムのほぼ10倍の高値というわけです。

また、代表的なレアメタルを世界の市場規模で見ると(2011年のレポート)、コバルト:約6万トン・タングステン:約5万トン
・リチウム:約2万トンといった規模の小ささで「採れないんだなあ」ということが分かります。ちなみに、「粗鋼」は約11.2億トン、「銅」は約1,700万トンもあるのにです。でも、この時点でリチウムの1トン当たりの価格はなんと概算で40,000ドルもするのです!

いかがだったでしょうか。調べてみますと、市場規模が小さくて取引業者も少ないため、レアメタルの取引はとても厄介なのだとか。安定的にレアメタルを入手できるようにするため国が動くのも当然の成り行きだそうです。

⇒データ出典:『株式会社メタルドゥ』公式サイトの相場情報より
http://www.raremetal.co.jp/2015/04/1037.html

(高橋モータース@dcp)

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

春からFES

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催