14Tポイントが貯まる、使える!詳しくはコチラ

福岡の旅のおともに! 近畿大学建築科の学生が案内する、天神駅周辺の名建築物めぐり4つ【Part1】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お気に入りに登録

大阪編から人気を博しているこのシリーズ、近畿大学・福岡キャンパス産業理工学部建築科3年生の藤原丈武(みぶ)さんに、「建築物めぐり旅」の第3弾として、今回は、「福岡市の中心・天神駅から1日で見て歩けるコース」を案内してもらいます。

藤原さんは、福岡県北九州市在住で博多にはよく出かけるのだとか。大阪編の2つの記事、「GWのデート・観光に! 近畿大学建築科の学生が選ぶ、 大阪のお気に入り建築物スポット5つ」、「夏休みに行きたい! 近畿大学建築科の学生が選ぶ、大阪のお気に入り建築物スポット3つ」 に続いて、博多のお気に入りの建築物を選んでナビゲートしてくれます。今回も、「デートや観光にもおすすめ」の視点も含めて考えてくれました。文と写真は、藤原さんによります。

 福岡の旅のおともに! 近畿大学建築科の学生が案内する、天神駅周辺の名建築物めぐり4つ【Part1】

↑アクロス福岡です。手前には天神中央公園の芝生が広がりますが、ぼくが取材に行ったときは2回ともイベントをしており、人で芝生が埋もれていてカットしています。

■オフィス街のど真ん中に、緑にょきにょき、「山」のビルが出現。
「アクロス福岡」

福岡市役所の東隣にある、芝がきれいに整備された天神中央公園をてくてく行くと、前方になにやら小高い山(?)が見えてきます。これが博多のビジネス街名物と言われる、壁面をおおうように緑が植栽されたビル、「アクロス福岡」です。

 福岡の旅のおともに! 近畿大学建築科の学生が案内する、天神駅周辺の名建築物めぐり4つ【Part1】

↑天神中央公園側から見たところ。アクロス福岡(ACROS Fukuoka)とは、Asian Crossroads Over the Sea-Fukuoka、「アジアのクロスロード福岡」という意味だそう。

アクロス福岡は、福岡県と民間の商業施設の複合スポットで、本格的なオペラやクラシックが上演される「福岡シンフォニーホール」、大小の多くのイベントホール、ショップとレストラン街があります。天神中央公園と合わせて、食事やカフェ、ショッピングなどで2~3時間は軽く遊べる、アミューズメントスポットでもあります。

 福岡の旅のおともに! 近畿大学建築科の学生が案内する、天神駅周辺の名建築物めぐり4つ【Part1】

↑建物全体が階段状で、その階段の壁面全体に植林がなされているのがわかります。

アメリカ在住のアルゼンチン人建築家、エミリオ・アンバース氏らの設計で、緑化面積は5,400平方メートルと日本の屋上緑化施設の中でも最大級、1995年の開業当初から現在まで、「自然との一体感を体現した大規模な屋上緑化ビル」として世界的に著名な存在であり続けています。

1996年にBCS賞(建築業協会賞)を受賞、2010年には「生物多様性保全につながる企業の緑100選」(都市緑化基金主催)に選出されました。

このビルが面白いのは、最上階の屋上展望台まで、自由に植栽エリアの外階段を登ることができるところです。「ステップガーデン」と呼ばれ、緑の中を進みながら四季の植物が楽しめて、街中でプチ山登り気分が味わえます。

 福岡の旅のおともに! 近畿大学建築科の学生が案内する、天神駅周辺の名建築物めぐり4つ【Part1】

↑ビルの外の天神中央公園側の1階に、外階段を登るための入り口が2カ所あります。開園時間(下記)内は自由に入れます。

 福岡の旅のおともに! 近畿大学建築科の学生が案内する、天神駅周辺の名建築物めぐり4つ【Part1】

↑「ステップガーデン」の途中で見えるシーン。中央の半円形のガラスの構造物は、建物の内部に日差しを取り入れる役割があるそうですが、これがなければ、「山」に見えます。

登るに連れて小鳥や虫の鳴き声が響き、風がそよいで森が深まる感覚が味わえます。「開業当初は76種37,000本を植栽、現在では120種50,000本を超える」との説明プレートがありますが、このプレート設置からすでに10年ほど経っているので、いまではもっと成長していると思われます。

このビルは福岡のランドマーク的存在ですが、「ステップガーデン」に登ったことがある人は少ないのではないでしょうか。登ってみると、建築物そのものに、また博多の風景にも発見があると思います。街中の「山」をぜひ体験してみてください。無料です。

 福岡の旅のおともに! 近畿大学建築科の学生が案内する、天神駅周辺の名建築物めぐり4つ【Part1】

↑「ステップガーデン」は、休憩なしで屋上庭園まで往復すると約30分~40分ですが、ビルの14階まで登ることになるのでけっこうきついです。途中にいくつかあるベンチで休憩していると、ビル中であることを忘れます。

 福岡の旅のおともに! 近畿大学建築科の学生が案内する、天神駅周辺の名建築物めぐり4つ【Part1】

↑「ステップガーデン」の途中からは、南側の天神中央公園とその周辺が見晴らせます。

 福岡の旅のおともに! 近畿大学建築科の学生が案内する、天神駅周辺の名建築物めぐり4つ【Part1】

↑屋上庭園は、土日祝日のみ開放されています。博多の街が一望できます。

 福岡の旅のおともに! 近畿大学建築科の学生が案内する、天神駅周辺の名建築物めぐり4つ【Part1】

↑左の面が明治通りに面した、正面玄関側です。この北面と東、西面はガラスのカーテンウォールになっていて、南面の緑の山とはまったく違うクールな顔を見せます。

 福岡の旅のおともに! 近畿大学建築科の学生が案内する、天神駅周辺の名建築物めぐり4つ【Part1】

↑こちらが正面玄関です。まるで別のビルのようです。

 福岡の旅のおともに! 近畿大学建築科の学生が案内する、天神駅周辺の名建築物めぐり4つ【Part1】

↑「提供:福岡市」 ぼくが撮った写真ではありませんが、全体像のご参考まで。「アクロス福岡」と天神中央公園は、ともに、元福岡県庁の敷地にあたります。ビルと公園が一体になって、緑が広がるランドスケープに仕上がっていることがわかります。目に優しく、美しく映ります。

このビルの魅力は、「山だ!」と思うほかに、見る角度によって大きく表情を変えるところにもあります。その存在感、不思議な趣きは隅々まで見れば見るほどに興味をそそられます。

 福岡の旅のおともに! 近畿大学建築科の学生が案内する、天神駅周辺の名建築物めぐり4つ【Part1】

↑ビルの中に入ると、1階から天井までの吹き抜け空間が広がります。ガラス越しに「ステップガーデン」の植栽が透けて見え、日差しがそそぎます。とても気持ちがいいスペースです。

福岡市中央区天神1-1-1 
TEL:092-725-9111
「ステップガーデン」開園時間 春期(3月〜4月)9:00〜18:00、夏期 (5月〜8月)9:00〜18:30、秋期(9月〜10月)9:00〜18:00、冬期(11月〜2月)9:00〜17:00。屋上展望台は土日祝日の10:00〜16:00のみ開園。無料
福岡市営地下鉄空港線・天神駅、同七隈線・天神南駅、西鉄福岡(天神)駅から各徒歩3~10分

Icn nextpage次のページ:次は、中洲の街中にある洋館を訪問!

関連記事

合わせて読みたい

おすすめの記事

記者プロフィール

Thumb a39b7209937c4613114c

学生の窓口編集部NA

学生の窓口編集部です。失敗しないための「へぇ」なお役立ち情報から、知らなきゃ損なお得情報、日々のニュースやトレンド情報、「フフフ」と笑えるおもしろ情報まで1年365日お届けしていきます。

マイニュースを設定すれば、
気になる学校周辺のローカルな話題が見つかります!

設定はこちら

今日の学年別おすすめニュース

会員登録いただくとおすすめニュースをご覧いただけます。