【ネタバレ注意】読後感すっきり! 終わり方がきれいだった漫画7選

学生の窓口編集部
2016/10/26
学生トレンド
あとで読む


人気の漫画は連載が長くなりがちで、風呂敷を広げすぎてしまうとうまくお話をまとめて終わるのが難しい、なんて言われます。長期連載になればなるほど終わらせるのが難しいわけですね。しかし、「お見事! 」と声を掛けたくなるほどきれいに終わった作品も多数あります。今回は、そんな「終わり方が見事だった漫画」をピックアップしてみました。

●『シドニアの騎士』弐瓶勉

突然現れ、人類を攻撃してきた謎の生命体・奇居子(ガウナ)に、地球を破壊された人類は、その存続を懸けて播種船(はしゅせん)・シドニアで宇宙を旅しています。襲い来る奇居子との戦いを描いたSF漫画です。登場するキャラクターがそれぞれの持ち場で、それぞれに重要な役割を果たし、最後の厳しい戦いを見事にやり抜くという展開で、安らかな大団円が訪れます。「ああ、よかった」と読者に思わせてくれる素晴らしい終わり方でした。

●『ハチミツとクローバー』羽海野チカ

美大に通う学生、竹本祐太、森田忍、真山巧、花本はぐみを主人公に、彼らの周辺に起こる出来事を描いた青春群像漫画です。各キャラクターの心情が丁寧に描かれているため、読者は作中世界に強く引き込まれずにはいられません。最終話では、この物語のタイトルに込められた意味が読者の胸に突き刺さるシーンが描かれます。「一つの大事な物語は終わるが、また新しい物語が始まるのだ」と明日への希望を感じさせる見事な終わり方でした。

●『デビルマン』永井豪

人類の天敵であるデーモン一族が現代によみがえり、人類を滅ぼそうとします。デーモンの能力を手に入れるためデーモンの勇者・アモンと合体した不動明は「デビルマン」となって、親友・飛鳥了と共にデーモンとの戦いを開始するのですが……。人間が自らの疑心暗鬼にとらわれて滅び、デーモンとデビルマンの最後の戦いまで描かれますが、物語は衝撃のラストシーンを迎えます。静謐(せいひつ)で美しく、読者の心にいつまでも残る終わり方でした。

●『ジパング』かわぐちかいじ

200X年、海上自衛隊の護衛艦「みらい」が太平洋上で第二次世界大戦の最中にタイムスリップしてしまいます。「歴史を改変してもいいのか? 」と自問自答しながらも、「みらい」乗組員たちは戦うことになります……。なぜ主人公(角松洋介)だけが生き残ることができたのか、その理由を読者に明らかにし、物語を最初に戻して円環構造を完成させるという、かわぐち先生のストーリーテラーとしての力量を感じさせる見事な終わり方でした。

次のページアニメ化もされたあの名作も

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催