【ネタバレ注意】アニメで学園祭がテーマになっている「神回」7選

編集部:すい
2016/10/12
学生トレンド
あとで読む



学校を舞台とするアニメ作品につきものなのが「学園祭」の回。学生にとって学園祭は一大イベントですので、作中でも重要な回として扱われます。そのため、こうした学園祭回は「神回」と評されることが多く見られます。そこで今回は、さまざまなアニメ作品の「神回!」と言われているエピソードをピックアップしてご紹介します。

■学園祭の神回は「ライブシーン」のものが多い!?

●『涼宮ハルヒの憂鬱』 12話「ライブアライブ」※話数は第1期放送時のもの

2006年に放送され、エピソードをあえて時系列ではない形で放送したことなど、独特の演出で話題となった本作。12話の「ライブアライブ」は文化祭が舞台となっており、ヒロインの涼宮ハルヒたちがステージ上で演奏を披露。弦を押さえる指の動きなど、非常に細かく描写されており、またこのとき演奏した「God knows...」という曲の良さもあり神回と評されました。

●『坂道のアポロン』7話「ナウズ・ザ・タイム」

2012年に放送された作品。正反対の性格の高校生二人が、ジャズをきっかけに交流し、友情を深めていく物語です。そのため作中にはさまざまなジャズの名曲が流れ、また演奏シーンもたびたび登場しました。特に演奏シーンがすごかったのは7話。二人が文化祭でジャズセッションを行うのですが、非常に作画が細かく、また迫力あるものになっており、放送時に話題になりました。

●『けいおん!!』20話「またまた学園祭!」

女子校の軽音部を舞台に、女子高生5人組の日常を描いた本作。1期と2期で計3回(2期の学園祭は2話)学園祭の模様が描かれ、どれも人気が高いのですが、特に神回とされているのが2期20話。このエピソードでは、3年生メンバー4人の「学校生活最後の学園祭」の様子が描かれているため、非常に切なくなる内容。1期から彼女たちを見続けていたファンは号泣でした。

●『氷菓』12話-17話

廃部寸前の古典部に入部した主人公が、さまざまな騒動に巻き込まれながらもその騒動にまつわる謎を解いていく……というミステリー作品。12話から17話にかけて文化祭の模様が描かれました。ここでは主人公を含む古典部の4人それぞれが別の騒動に巻き込まれ、最後に一つの着地点に落ち着きます。その流れが非常に綿密に描かれており、多くの視聴者を引き付けました。

次のページ他にもこんな作品に学園祭回が!

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催