読書の秋到来! 現役大学生に聞いた「人生のバイブル」6選

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

夜が長くなり、気温も下がってすごしやすくなる秋は、読書にピッタリな季節。そこで今回は、「人生のバイブル」とも言える大切な一冊について、大学生に聞いてみました。この秋に読みたい本がまだ見つかっていない人は、参考にしてはいかがでしょうか?

■人生に大きな影響を与えた一冊

・『のだめカンタービレ』。自分が進みたい道を明確に決めるきっかけになったから(女性/22歳/大学4年生)
・京極夏彦の百鬼夜行シリーズ。その本がきっかけで民俗学に興味を持ち、今の短大へと進学したから(女性/19歳/短大・専門学校生)

一冊の本が、進む道を決めるキッカケになったという人も。本はときに、人生の可能性を広げてくれます。

■読書の楽しさを知った一冊

・星新一の『ブランコのむこうで』。本を好きになったきっかけが、この作品だから(女性/21歳/大学4年生)
・荒川弘の『鋼の錬金術師』。それまで少女漫画しか読んでいなかった私が、少年漫画にハマるきっかけとなった漫画(女性/18歳/大学1年生)
・『100万回生きたねこ』。はじめて何回も読んだ絵本だった(女性/21歳/大学3年生)

ある本がキッカケで、読書が好きになったという人も。一冊読むと、また別の一冊へ……と、つながっていくことも読書の醍醐味です。

■大切なことを教えてくれた一冊

・持田あきの『おもいで金平糖』。今を大切に生きたり、今大切な人に大好きな気持ちを伝えたりする重要さ、時間の大切さを教えてくれた本(女性/19歳/大学1年生)
・スタインベック『ハツカネズミと人間』。幸福とは何か、夢とは何かを考えさせられた(女性/21歳/大学4年生)
・パウロ・コエーリョの『アルケミスト』。すごく読みやすいけど、人生に役立つたくさんのことを教えてくれた本(男性/20歳/大学3年生)

本を読んでいると、「こんな考え方もあるのか!」と気づかされることもしばしば。視野を広げ、大切なことを教えてくれた本は、まさに人生のバイブルです。

■人生の役に立つ一冊

・カーネギー『道は開ける』。難しい内容だったが、今後の人生に活かせるものだと思った(女性/19歳/大学1年生)
・『ブラック・ジャック』。酸いも甘いも、温かみも冷たいものも、さまざまな人間ドラマが見られた(男性/22歳/大学3年生)
・阿川佐和子さんの『聞く力』。自分のコミュニケーション向上に役立った(男性/21歳/短大・専門学校生)

特に学生の間は、「これからの自分」について考える機会が多い時期。本からそのためのヒントをもらうのも、良いのではないでしょうか。

1

関連記事

「入学・新生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催