夏に観たい! 背筋がゾッと寒くなるホラーテイストのアニメ◯選

学生の窓口編集部
2016/08/23
学生トレンド
あとで読む

やはり夏といえば、ホラーテイストのアニメが見たいところ。ホラーアニメといえば、田舎の村を舞台にした『ひぐらしのなく頃に』などが有名ですが、他にも夏にぴったりのホラー作品は数多くあります。今回は、その中からおすすめの7本をピックアップしてみました。

●『パーフェクト ブルー』

1997年に公開された劇場用アニメ。アイドルから女優へと転身した主人公の霧越未麻が、過激な女優の仕事をこなす中で次第に精神を病んでいきます。さらに彼女の周囲に次々と奇妙な事件が起こり始め、翻弄(ほんろう)されていき……というサイコホラーな内容です。『千年女優』『パプリカ』などを手掛けた、故・今敏監督の作品で、現実味あふれる映像や設定、また絶妙な伏線など高い完成度を誇ります。精神面を的確にえぐられる内容なので、見終わってぐったりしてしまう人も多いでしょう。

●『Another』

綾辻行人氏の同名小説を原作に、2012年に放送されたテレビアニメ。田舎の中学に転校してきた少年が、クラスメートが次々に怪死していく恐ろしい現象に巻き込まれ、なんとか死の連鎖を止めようと奔走する物語です。呪いにも似た現象に巻き込まれるホラーであり、その現象の謎を解くミステリーでもあるなど、非常に見応えがある作品です。また、クラスメートや関係者が次々に怪死していく様が実に凄惨(せいさん)であることも有名です。

●『コープスパーティー Tortured Souls -暴虐された魂の呪叫-』

1996年にリリースされたPC用ゲームを原作とするアニメ。2013年に全4話のOVAが発売されました。見知らぬボロボロの学校を舞台に、少年少女がさまざまな怪奇現象に襲われる物語なのですが、その描写がとにかく過激です。OVAということもあり、上で紹介した『Another』以上の凄惨な死の描写が展開されます。それはもはや「グロ注意」のタグが必要なレベル。思わず目を背けてしまうほどです。

●『屍鬼』

原作は小野不由美氏の同名小説で、2010年にフジテレビ系列のノイタミナ枠で放送されました。人口1,300人ほどの田舎の小さな村で、村人が相次いで死亡。村に住む医者・尾崎敏夫は一連の死の不信感を抱き、独自に調査を始める……という粗筋。閉鎖された田舎で起こる奇妙な事件を、敏夫だけでなく別の人物の視点からも描いており、それが事件の異常性をより引き立てます。「底知れぬ怖さ」を感じることのできる作品といえます。

次のページこんな作品もおすすめ!

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催