人間の怖さにゾクッとする、後味が悪い映画10選

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

映画を見るといろいろな感情が呼び起こされます。なかには「怖い」「哀しい」など、後味悪い感情を残す作品もあります。しかしそれも作品に人の心を揺さぶる力があればこそ。後味の悪さは、言い換えれば深い感銘とも考えられます。というわけで、思わず人間って怖いなと思ってしまう映画を紹介してみたいと思います。

■人間の記憶の不確かさを思い知る「シャッター・アイランド」

マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオのお馴染みタッグによる本格ミステリー作品。舞台は1954年、ボストン沖の孤島にあるアッシュクリフ精神病院。この犯罪者用精神病院で起きた失踪事件の捜査のために、連邦保安官のテディ・ダニエルズとチャック・オールが島を訪れます。捜査を進める二人ですが、テディは次々と不可解な出来事に直面、事件に深く入り込み過ぎるあまり強硬な言動を取るようになります。次第に、アッシュクリフ精神病院にある闇の解明に没頭するテディと周囲の間に温度差が生じるようになり、やがて優秀な保安官であるはずのテディ自身にある問題が明らかになっていきます。

巧妙なミステリー仕掛けで、衝撃の結末を演出する本作。見終わった後も、ついついあれやこれやとその結末について考えを巡らしてしまいます。犯罪者が収監されている孤島の精神病院という舞台の怖さもありますが、精神にダメージを受けた人間の常軌を逸した言動には、心も凍る恐ろしさおぼえます。現実を受け入れることができず、妄想にしがみついていたテディの哀しさが鑑賞後も尾を引きます。

監督:マーティン・スコセッシ
キャスト:レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キングズレー、ミシェル・ウィリアムズ、エミリー・モーティマー
原題:Shutter Island
製作年:2010年
製作国:アメリカ
上映時間:138分

■フランケンシュタインを生んだ監督はモンスター?「ゴッド・アンド・モンスター」

1931年に公開された映画「フランケンシュタイン」のジェームズ・ホエール監督の晩年を元に映画化。アカデミー賞で脚色賞を受賞するなど高評価を得ますが、その内容が地味なために日本では未公開になった作品。1930年代のハリウッド黄金期に「フランケンシュタイン」で成功を収めながら、謎の引退を遂げていたジェームズ・ホエール。日に日に蝕まれていく精神に、堪え忍ぶ日々を送っていたある日、庭の手入れに雇った庭師クレイトンと出会います。 クレイトンを気に入ったホエールは、絵のモデルになってほしいとクレイトンに申し出ます。クレイトンは絵のモデルを引き受け、二人は関係を深めていきますが、ホエールは絵のモデル以外の願望をクレイトンに抱いています。

あらすじを見ても、なんだか地味な内容の映画ではありますが、鑑賞後には穏やかな感動が残る良作です。元海兵隊の筋骨隆々な肉体をモデルに絵を描く元ホラー映画監督の老人、という設定、シーンがなんともおぞましいです。しかしこの負の印象は、この映画が仕掛けるトリックのひとつでしかありません。「モンスター」として描かれるホエールは「怖ろしい人間」そのもの、だからこそその先にあるエンディングには感動をおぼえます。

監督:ビル・コンドン
キャスト:イアン・マッケラン、ブレンダン・フレイザー、リン・レッドグレイブ、ロリータ・ダビドビッチ
原題:God and Monster
製作年:1998年
製作国:イギリス
上映時間:106年

■精神的にきついシチュエーションが大ヒット「SAW」

一時のシチュエーションスリラー映画台頭のきっかけを作ったエポックメイキングな作品です。その後シリーズ化され全8作製作されています。廃墟と化した所在も不明なバスルームが舞台。二人の面識のない男が、鎖で繋がれた状態で目覚めます。見覚えのないバスルームの対角に二人は離れて繋がれ、中央には死体が。 ゴードンとアダムは、犯人から「6時までに相手を殺すか、二人とも死ぬか」というゲームを強要されることに。犯人から与えられた数少ない手掛かりをもとに、二人は脱出をはかります。 一方では元刑事のタップが猟奇殺人犯ジグソウを追いはじめます。

低予算ならではのすばらしい発想が、その後ホラー映画の一大カテゴリーにまで成長するという稀なケースを現実にした「ソウ」シリーズ。閉鎖的でどこかバーチャルな空間は非常に現代的で、若者を中心に大ヒットしました。限られたヒント、アイテムを頼りに脱出を試みるというゲーム性の高い展開のおもしろさもありますが、精神的に追い込まれた人間の内面を鋭く描くドラマ性も充分な作品。殺人哲学を持った殺人鬼・ジグソウのストーリーはここからはじまります。

監督:ジェームズ・ワン
キャスト:ケイリー・エルウィズ、ダニー・グローバー、モニカ・ポッター、リー・ワネル
原題:Saw
製作年:2004年
製作国:アメリカ
上映時間:103分

■名作ながら後味悪さはナンバーワン?「セブン」

衝撃の結末が話題を呼んだサスペンススリラー映画の傑作。退職間近のベテラン刑事・サマセットは、ある日、血気盛んな若手刑事ミルズと殺人事件の現場に急行します。事件現場には、犯人による次なる殺人予告と思われるメッセージあった。次なる被害者の現場にもメッセージが残されており、犯人がキリスト教における「7つの大罪」をモチーフに連続殺人に及んでいることが判明する。さらに容疑者として浮上した人物が殺害され、事件は白紙に。サマセットはFBI資料の貸し出し記録から、新容疑者を特定し捜査を行うことに。

序盤からサスペンス映画らしい展開に釘付けとなる本作ですが、結末の衝撃度はなかなかのもの。バッドエンドという意味でいうと、他に類を見ないほどの後味の悪さを残してくれます。 音響に意図的なノイズを乗せたり、映像も鋭い編集がされたりしているなど、全体的にスタイリッシュな印象はありますが、キリスト教をモチーフにした殺人シーンはダークそのもの。 ショック耐性に自信のない方は、心して見るべし。

監督:デヴィッド・フィンチャー
キャスト:ブラッド・ピット、モーガン・フリーマン、グウィネス・パルトロー、リチャード・ラウンドトゥリー
原題:Seven(Se7en)
製作年:1995年
製作国:アメリカ
上映時間:126分

1 3

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催