夏休みに観ておきたい! 「夏」が舞台の名作アニメ7選

学生の窓口編集部
2016/08/21
学生トレンド
あとで読む

アニメ作品の中には、夏や夏休みを舞台にした作品が数え切れないほどあり、中には名作と呼ばれるものも少なくありません。例えば、2011年に放送された『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』は、多くの人が名作に挙げる夏が舞台の作品です。今回は、こうした夏や夏休みが舞台となっているアニメ作品をピックアップしてみました。

●『サマーウォーズ』

2009年に公開された劇場用アニメ。憧れの先輩の「婚約者のふり」をするバイトのために先輩の実家を訪れた少年が、「数字の羅列」が書かれた謎のメールを受け取ったことをきっかけに、世界中を混乱に陥れる騒動に巻き込まれる……というストーリーです。ヒロイックな物語だけでなく、自然豊かな「夏の田舎」の情景も描かれており、郷愁の念に駆られる作品。本作の監督である細田守氏が手掛けた『時をかける少女』も、同じく夏を感じるアニメとしてお薦めです。

●『つり球』

2012年に放送された作品です。湘南・江の島に引っ越してきた引っ込み思案の少年が、宇宙人を自称する少年から強引に釣りに誘われたことがきっかけで、釣りを通じて仲間をつくり、少しずつ成長していく物語。序盤はまだ長袖を着るような季節でしたが、ストーリーが進むにつれて本格的に夏に入ります。主人公たちが「夏の江の島の海で釣りをする」という描写は実に夏を感じさせます。思わず「江の島に行ってみたい」「釣りをしてみたい」と思わせてくれる作品です。

●『ひぐらしのなく頃に』

2006年に放送された、人気同人ゲームが原作のアニメ。田舎の村に越してきた少年が、村の少女たちと交流を深めていく中で少しずつ村の闇の部分を知り、やがて少年の周りに奇妙な出来事が起こるようになり……というストーリーです。初夏を舞台にしており、タイトルにあるように、物語の随所にひぐらしの鳴き声が印象的に使われています。その鳴き声が夏を感じさせるとともに、ホラーテイストのストーリーを盛り上げます。凄惨(せいさん)かつ過激な描写もあるので、苦手な人は注意です。

●『海がきこえる』

大学進学で高知から上京した杜崎拓は、吉祥寺駅で高校時代の同級生・武藤里伽子に似た女性を見掛けます。その後、夏休みで高知へ帰郷する際、拓は里伽子との思い出を振り返り……という粗筋。同名小説を原作にスタジオジブリが制作したアニメで、1993年にテレビ放送されました。拓は里伽子と出会った高校3年の夏から疎遠になった秋までを振り返ります。そこで描かれる甘酸っぱい夏の思い出は、「自分もこんな高校時代を送りたかった」と思わせてくれます。

次のページこんな作品も!

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催