【ネタバレ注意】絶対に体験したくない! 悲惨すぎる境遇のゲームキャラ7選

学生の窓口編集部
2016/08/10
学生トレンド
あとで読む

ゲームには、ストーリーを盛り上げるために過酷な経験をさせられたり、また悲しい過去を持つキャラクターが多く登場します。中にはやり過ぎなくらい悲惨な境遇のキャラクターもいますよね。今回は、こうした悲惨すぎる境遇のゲームキャラクターをピックアップしてみました。



●『ドラゴンクエストV』の主人公

殿堂入りレベルで不幸な境遇だったのが、『ドラゴンクエストV』の主人公です。生まれてすぐに母親がモンスターにさらわれ、幼少期には父親もモンスターに殺され、その後10年以上奴隷として働かされる……など、悲惨すぎる半生を送ります。もちろんこれはまだ序の口で、奴隷から解放された後も悲しい出来事が彼を襲います……。その波瀾万丈っぷりはシリーズ屈指といえます。

●『LIVE A LIVE』のオルステッド

7つの異なるシナリオを楽しむことができるスーパーファミコンの傑作RPG。オルステッドは7つあるシナリオをクリアすることで出てくる8つ目のシナリオの主人公です。魔王にさらわれた姫を助けるために奔走するも、幻術にかかって国王を殺害。さらには親友や恋人である姫にも裏切られるなど、もう見てられないほどの不幸に襲われます。その惨劇は当時のプレーヤーのテンションをだだ下がりにしました。

●『ブレス オブ ファイアIV』のフォウル

シリーズ4作目の本作では、リュウとフォウルという2人の主人公の視点で物語が進みます。しかしこのフォウルの境遇があまりにも悲惨すぎました。フォウルの正体は人間によって召喚された神様。人間のために尽力して国を繁栄させますが、その力を恐れた皇帝によって何度も殺されそうになります。おまけに自分を救ってくれた少女まで惨殺されるなど、最悪の展開……。この鬱(うつ)すぎる展開がトラウマになった人もいました。

●『アークザラッド』のアーク

PlayStation黎明(れいめい)期にヒットしたRPG。行方不明の父を捜して旅立った主人公のアークは、精霊の導きで魔物から世界を救いますが、実は王子だったのに陰謀で失脚させられていたことが終盤で判明。さらに国王殺しのぬれぎぬを着せられ世界各地を逃げ回ることに。続編『2』では紆余(うよ)曲折の末にようやく会えた父親が死んでしまい、恋人も失うというドン底の境遇に落とされます。そして自分自身も敵を封印するために命を落とすなど不幸すぎる人生でした。

次のページこの作品の主人公も……。

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催