4,000枚以上売れた年も! 女子大生に大ブームの「青学パーカー」誕生秘話

編集部:はまみ
2016/06/27
ファッション・コスメ
あとで読む

大学のオフィシャルグッズの中でとりわけ人気が高いのが、青山学院大学の「青学パーカー」です。今年も女子大生を中心に人気で、春先にはファッションに取り入れる女性も多く見られました。そこで今回は、この青学パーカーについて、人気のカラーなど誕生のきっかけを、販売元の株式会社アイビー・シー・エスに聞いてみました。


■グレーとネイビーが圧倒的人気!

――非常に人気があり注目されている「青学パーカー」ですが、最初に登場したのはいつなのでしょうか?

最初の登場は、2012年春ごろです。

――パーカーが作られたきっかけはどんなことだったのでしょうか。

青学のマークを大々的に広めていきたい、という思いから製作しました。

――青山学院大学の学生を中心に、着用している人も多く見掛けますが、年間にどれくらい販売されているのでしょうか。

発売した年は年間100枚程度で、2013年に年間250枚と少しずつ伸びていきました。2014年後半より火が付き始め、2015年にブレークしました。ちなみに2014年は年間1,000枚、2015年は年間4,500枚の販売を記録しました。また2016年も前年よりはやや落ち着いたものの、相変わらずの人気ぶりです。

――複数のさまざまなカラーリングがありますが、人気の高いカラーは何でしょうか?

グレーとネイビーの2色が圧倒的な人気カラーですが、2015年末より登場したグリーンとエンジも先の2色に迫る勢いで、人気急上昇中です。

次のページこれからの季節も着れるオールシーズン対応タイプも発売!

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催