大学生に聞いた、映画やアニメで物語の序盤に死ぬキャラの特徴5選

編集部:すい
2016/06/25
学生トレンド
あとで読む

大学生のみなさんは、映画やアニメをみていて「こいつすぐに死ぬだろうな……」と感じるキャラが出てきたことありませんか。そのようなキャラクターにはなんとなく共通の特徴があるものですよね。 そこで今回は、物語の序盤で死んでしまうキャラの特徴を大学生のみなさんに聞いてみました。

●でしゃばる・調子に乗る

・人から煙たがられる存在はすぐ消える(男性/21歳/大学4年生)
・調子に乗ってむちゃをしたり、なめてかかったりして死ぬから(男性/20歳/大学3年生)
・そういう感じのキャラはお約束どおりにきちんとフラグを立ててから死んでいくイメージ(男性/20歳/大学3年生)
・調子に乗って後先考えないから(男性/19歳/大学2年生)

「大丈夫、大丈夫」と楽観的に考えているようなキャラに限ってすぐに死んでしまうことって多いですよね。フラグが立っていて死んでいくので、観ているこっちとしても「やっぱりな」と思ってしまいます。

●主人公の近くの人

・主人公をより一層輝かせるための尊い犠牲(女性/20歳/大学3年生)
・主人公が傷つきそうだから(女性/18歳/大学1年生)
・そこから主人公が強くなっていくから(女性/20歳/大学3年生)
・その後のストーリー展開がおもしろいから(男性/24歳/大学院生)

主人公の親しい友人や、恋人、家族が死ぬパターンはある意味王道。悲しみを与えることで主人公の気持ちに変化がおき、次のストーリーに展開しやすくなりますよね。

●いい人

・感動させるため(女性/18歳/短大・専門学校生)
・いい人だからこそ誰かを助けたり、かばったりして死んでしまうことが多いと思う(女性/21歳/大学4年生)
・人のことを考えているいい人に限って死ぬ運命をたどることが多い気がする(女性/21歳/大学4年生)
・人は、性格のよい人が死ぬと感情移入ができやすく、悲しみがより増すから(女性/20歳/大学3年生)

性格がいい人に限ってストーリーの冒頭で死んでしまうことも。いいキャラだったのに……と観ているほうとしても悲しさから印象が残りやすいです。

次のページこんなタイプも危険?!

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催