野球部からの転身で見事大金星! 合気道日本一の大学生・松原徹さんインタビュー

編集部:はまみ
2016/03/15
大学生インタビュー
あとで読む

2015年10月25日に開催された「第46回全日本学生合気道競技大会」において、関西学院大学 商学部3年生の松原徹さんが乱取り個人の部で見事優勝を果たしました。この成果は同大学創部以来の大金星とのこと。今回は、日本一となった松原さんを取材しました。


■合気道を始めたのは大学生になってから!

――見事日本一の栄冠を手にされたわけですが、合気道はいつ始めましたか?

松原さん 大学に入ってからですね。

――えっ! では大学入学してから2年半年ほどで日本一になったのですね。合気道を始めたきっかけは?

松原さん 高校までは野球部に入っていたんですが、なかなかベンチ入りもできず、試合にも出られないという感じでした。

――高校はどちらでしたか?

松原さん 関西学院高等部です。

――野球の強豪校ですね! レギュラーを取るのも容易なことではないのでは?

松原さん そうですね(笑)。もうとんでもなくうまいやつとか、そんなのばっかりで。一生懸命努力したのですがいい成果を出すことができませんでした。関西学院大学へ進学したのですが、本学の野球部もすごい選手ばっかりですからね。

大学に入ったら何か自分で満足のいく結果が出せる部活動をやりたいと思っていました。それまで両親にもずいぶん迷惑を掛けましたし、自分がこれから行う部活動で結果を出して両親に恩返ししたいという思いもありました。「3年間で日本一になりたい」という気持ちが強かったですね。

――なるほど。野球から合気道ですと、ずいぶん違っているように思いますが。

松原さん いろいろな部活動を見たんですが、合気道を見学した際に先輩から合気道について詳しく聞けまして……。武道もいいな、と思って入部しました。野球は団体競技、合気道は個人競技、その違いは確かにあります。一人で何もかもできるという良い面もありますが、逆に孤独という言い方もできますし。自分で頑張らないと上に行けないというのはけっこう大変なことです。

――大学で初めて合気道に触れられたわけですが、当初はいかがでしたか?

松原さん 最初は分からないことだらけで、先輩たちに教わりながら始めました。でも、今まで知らなかった、全く新しいことでしたから面白かったですね(笑)。

――練習は厳しいものですか?

松原さん そうですね。みんなそれぞれ努力しています。試合前になると本当に激しい練習を長時間にわたって行います。

――どのくらいの時間練習するのですか?

松原さん 人それぞれ違うのですが、朝型の人と夜型の人がいまして。朝型の人は6時から始めていますし……。私は夜型なのですが、授業が終わってから午後11時までとか、毎日5-6時間は練習に費やします。

次のページ優勝を目前に予想外のアクシデントが……!

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催